陽性?陰性?


「陰性でした」
「よかったあ」

と安堵する患者さん。

合否判定のような心持で
結果を待っているのだろう。

インフルエンザ流行期に
よく出くわすシーンだ。

発熱疾患はゴマンとある。
インフルではない?では何?
こちら側は鑑別診断開始だ。

HIVの結果を伝えるときも
同じシーンがある。

検査のリピーターには
(何回繰り返すねん!)
と言いそうになるが、慎む。

インフルでもないHIVでもない
病の方が厄介だ。

治療法の確立していない病の方が
世の中には圧倒的に多い。

インフルもHIVも何とかなる。

「コロナ陰性でしたよ」
と患者さんに伝えるとき、
医者の安堵感の方が大きい。
「陽性」結果の後の様々な
手続きが大変だからだ。

新コロの終息と、医療側の躊躇。
検査数が増えないのは両方の
要因があるように思う。

インフルもHIVも新コロも全部
『RNAウイルス』に分類される。
ちなみにエボラもRNAウイルスだ。


それがどうした?

カテゴライズは診断法や治療法の
開発に役立つことが多い。
一過性流行に新薬を開発するのは
製薬会社にリスクが大きい。
既存薬が効けば効能追加でラッキー!

だから、アビガンやレムデシベル、
逆転写酵素阻害剤が候補に上がる。

まあ、患者にとっては
「感染しているかどうか?」
「死ぬのかどうか?」

重要なのはそれだけだ。

ウイルスは小さい、世界は広い
というお話。

家でできること(漢方編)


中国でご家族が医師をしている
患者さんからの情報だ。
「日本人と違って、中国人は勝手な
ことをするから、強制が必要だ」

と笑いながら言っていた。

意外とのんびりしているらしい。
中国は広い。
非常事態が報道される湖北省を除くと、
そんな感じのようだ。

自粛報道の効果が出ている。
診療所は静かだ。
むしろ安全な場所になりつつある。

経験的解答のない世界に有識者は弱い。
RT-PCR検査の実施法についても
統一見解がなかなか出ない。
答えのない世界なのだから、少々
強引なリーダーシップも必要だ。

休校措置も一応評価する。
(子供が二人いる。他人事ではない)
臨機応変、軌道修正しながら、
できることからやるしかない。


子供に死者を出すという著しい
イメージ悪化を避けたいのでは?

あるかもしれない。
しかし、感染を広げるのは子供だ。
子供は集団活動をするからだ。
低リスク群とされているが、検査自体が
実施されていないのでわからない。

中国では高齢者が子供の世話をする
意外と無症状の子供が感染媒体に
なっているかもしれない。

とにかく守るべきは高齢者と低免疫患者だ。
しかもこの人たちは通院しないとヤバい。
基礎疾患で死にかねない。
病院所には優先的に来てもらう必要がある。

そうでない人たちは?

「発展途上国旅行中」と思ってほしい。
途上国で医者にかかるか?
少々の問題は自力で解決しようと
するのでは?


臨床経験上の提案をひとつ。
例年冬の風邪であるコロナウイルスや
インフルエンザと長年対峙してきた。
どちらも病初期の治療法は同じ。
発汗を促すことと、漢方薬だ。


どうせ特効薬はないのだ。
インフルエンザは初期に限り、
抗インフルエンザ薬が効くとされて
いるが希望者にしか出していない。
温故知新の医療で主にやってきた。

肺炎に至ったケースもほぼ皆無だ。
毒性は未知数な部分はあるが、
同じRNAウイルスには違いない。
致死率から推測するに、悪性度は低い
とみて間違いない。

適切な初期治療を施せば、
温故知新の医療でいけると確信している。


市販されている薬剤での使用法を記す。
ざっくり、食欲低下に至っていない時期を
「初期」とする。

体力に自信がある人は「麻黄湯」。
自信のない人は「麻黄附子細辛湯」。
一回目は所定の倍量服用する。
二回目以降は所定量を服用する。
とにかく「発汗」を目指すことだ。


食欲が落ちていたり、発病後数日
経過しているときは、とりあえず近医に
電話して事情を説明し、指示に従う。

「補中益気湯」という生薬は全病期を
通じて有効だし、併用してもいい。
食欲も出る。

ちなみに大正7年のスペイン風邪
大流行のときには森道伯医師が
「香蘇散」という漢方で挑み、
成果を出したことが記録されている。

風邪で自宅待機、他に手がないのなら
先人の知恵を信頼、拝借してみるのも
悪くないと思う。


完全にエビデンスがあるわけではない。
懐疑的な人に勧めるつもりもない。
でも対策があると思うだけでも、
不安の軽減になると思い、記した。