勝手アルツハイマー

喫煙は認知症のリスクになるそうだ。
今さら、最近の新聞に載っていた。
各種がん、COPD、心臓病、胃潰瘍…
喫煙と無関係な病を探す方が困難だ。
世の中の「喫煙者イジメ」は止まらない。

「因果関係」と「相関関係」の混同
について指摘したいが、止めとく。
「逆にそれってメリットでは?」
と思ったからだ。

作家の筒井康隆(85)が対談で、
「死の恐怖や苦痛から逃れようとすれば、
ボケなきゃ仕方がない」

と言っていた。

酒や、タバコ、カフェイン、すべからく
「嗜好薬物」には意識変容作用がある。
だからストレス解消になるわけだ。

強烈過ぎる意識変容を起こす薬物が
違法認定されている。
ざっくり、そう認識している。

ストレスを忘れる、つまり「健忘」は
「生存」に必要な能力だ。
死の年齢が近づく老人にとって、
「健忘」能力は益々重要になるのでは?
認知症も幸福の一種だ。


タバコを吸うときぐらい、
「認知症?カモン!」
で喫煙すればいい。
ただし、マナーは守りましょう。

『勝手アルツハイマー』
日野武道研究所の主宰であり、明鏡塾の
塾長である日野晃先生考案の病名だ。
都合の悪いことだけ、都合よく忘れる。

それができたら人生最高なのだが…

禁煙供養

”喫煙はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)
の原因です。年間~人亡くなります”

赤坂の喫煙所で見つけたポスターだ。

このポスターは絶対に身体に悪い。

タバコの有害性が上昇する。

佐藤さん(60歳女性)は、昨年

同居していた兄を亡くした。

タバコと酒をこよなく愛する兄。
両親を早くに亡くした佐藤さん。
お兄さんが親代わりだったそうだ。

最愛の兄の死で悲嘆にくれていた。
しばらく眠れない日が続いた。

睡眠導入剤を処方してあげた。

半年ぶりに来院した佐藤さん。
「眠剤頑張って止めてます」

と誇らしげに言った。

「飲めばいいじゃん」
「認知症になりたくないし」
「何で?」
「誰も面倒みてくれないもん!」
「誰にも面倒かけないのなら、
認知症でもいいんじゃないの?」

「そっかあ!」

眠剤を飲まなくても眠れる。
だから、眠剤はいらない。
ヘトヘトになって眠りに落ちる。

だから、眠剤はいらない。

それで行こう、そう告げた。

人に迷惑?面倒をかける?
そんなことは動機にはならない。

そんな人は最初から薬を飲まない。

禁煙も続いているそうだ。
本人いわく「奇跡」だ。
供養の気持ちで禁煙を継続している。

素晴らしい。

「兄さんの分まで酒とタバコ
やってあげたら?」

つい天邪鬼をしてしまう。

さすがに
「そっかあ!」

とはならない…

身内の死は「有限」を教えてくれる。
残りの人生において、酒とタバコが

無駄だと思うなら止めればいい。

病気にならないため?
そんな消極的な理由は動機にならない。

そんな人は最初から吸わない。

新たな一歩を踏み出す。

そのために古い習慣を捨てるのだ。

兄の分まで今生を楽しもう!
後悔なきよう。