油モンの魅力

コレステロールが下がった小宮さん。
76歳という年齢だが、
無類の「油モン」好きだ。

どこそこのトンカツが、天ぷらが…
語り出すと止まらない。
臨場感ある語りに口の中が
唾液で満たされる。

お腹の音が鳴り、正気に戻る。
「何の話してるんですか!」
叱っても、小宮さんはニヤニヤ。

油モンばっかり食べる小宮さん。
胸焼けしながら食っている。
当然コレステロールは高くなる。
狭心症や心筋梗塞のリスクになる。

よく効く薬はあるが、足が攣る、
肝機能障害などの副作用がある。

テニスをする小宮さんは足が
攣りやすくなっている。
できれば薬を止めたいところだ。
油モン好きが「ネック」だ。

この年齢の人の好物を止めさせる
了見は持ち合わせていない。
高い店限定で油モン許可を出した。

高い店が良いとは限らないが、
下町で生き残る店は割と
値段に比例する。

回数を減らして堪能することに。
高い店は油と素材が良い。
「胸焼けしない」を基準にした。

結果、週一回の油モンに収まった。
(年齢にしては十分すぎるが…)

するとコレステロールは
みるみる改善していった。
小宮さんは他に大きな
リスクや合併症がない。
薬は卒業となった。

でも、しょっちゅう外来に来る。
新規開拓した店を教えてくれる。
で、最後にはお約束
「何の話してるんですか!」
叱られた小宮さんはニヤニヤし、
お開きとなる。

自撮りで病を撃退!?

夫婦でトンカツ屋を営む白田さん。
72歳の男性だ。

白田さんはコレステロールと

ボーリングの調子がよくない。

白田さんはボーリングが趣味で、

夫婦で練習に勤しんでいる。

「トンカツつまみ食いしてるの?」
「キャベツしか食べてませんよ」
「おかしいなあ、薬飲んでる?」
「それを少しサボってます」
「ちゃんと飲んでね」

「はい(うなづく)」

会話を続けた。

「動画撮ってる?」
「え?」
「玉投げるとこ」

「使い方わからないもん」

フォームを客観視した方がいい。
今は携帯で動画が撮れるいい時代。
そんな助言をした。
でも、白田さんは自称「機械オンチ」。

何だかんだやらない言い訳を探す。

素直じゃないからコレステロールが

下がらんねん!

1時間後、妻も定期受診に来た。

妻もコレステロール治療中だ。

「奥さんは絶好調やね」
「よかった!」
「ボーリングのスコアも?」
「そうなんですよ!」

満面の笑みでうなづいた。

旦那と交代交代で動画を撮るよう

助言した。

妻は
「自分の姿は見えないですもんね!」

と言った。

素直だ!

二人は助言し合っているはずだ。
素直に聴く妻は上達する。
素直に聴かない夫は伸び悩む。

ならば自分で自分を見るしかない。

患者の特性とニーズに合わせる
「オーダーメイド医療」だ。

令和の医者坊主

「運動してはいけません」

千田さん(45歳男性)はある医師に
2年前そう忠告された。

レントゲンで異常があったそうだ。

その忠告をマジメに2年間守っていた…

今回当院で検診を受けた。
コレステロールが上がっていた。
千田さんは自己流で頑張った。

3ヶ月後、見事に数値は改善していた。

「すごい!どんな工夫したの?」
「運動しました」
「効果テキメンやね」
「もともと運動は好きなんです」
「ほう」

「医者に言われて止めてたんです」

胸部写真は現在全く問題なし。

運動制限の必要はあったのか?

とにかく千田さんは前医に対して
不信感を抱き、当院へ来た。
「運動の成果ですかね?」

千田さんは訊いてきた。

「運動を禁じた前医のお陰でしょ!」
そう答えた。

千田さんはずっと運動が好きだった。

医師に止められるまでは続けていた。

止めている期間があったからこそ、

運動の効能がわかったわけだ。

習慣を止めることで気づくことができた。
どんな過去も肯定しといた方がいい。
今が良いなら過去はすべて肯定だ。

すべては必要な経験だったのだ。

我ながらお坊さんのような説法だ。
ちなみに千田さんはお寺の住職である。