水虫という国民病


日本人の約2000万人が糖尿病
もしくは糖尿病疑いである。
実に6人に一人がほぼ糖尿病だ。

糖尿病は症状が出にくい疾患だ。
喉が渇いて水を飲みまくり、
オシッコだらけで医者に来る。

そんな教科書的な状態まで
放置する人は珍しい。

検診などで指摘され、注意し始める。
場合によっては薬を飲むことになる。

糖尿病で怖いのは合併症だ。
その一つに神経障害がある。
痛みや痒みに鈍感になる。
だから傷ができても気づかない。


普段、足の指や足の裏を観察する
習慣がない人は多い。
足に傷ができ、気づいたときには
とんでもない状態になっている。

そんな人がたまにいる。

来院時、親指の骨がむき出しに
なっていた人もいた。
その人は指一本切断するだけで済んだ。
下肢を切らないといけない人もいる。

ちなみに一年間に何人の人が下脚切断を
余儀なくされているか?

毎年3000人を下らないのだ!

切らなければバイキンが身体中を
巡り、命に関わる。
苦渋の切断だ。

ちなみに傷の原因は大半が「水虫」だ。
産まれながらの水虫はいない。
家族や他人に伝染されている。


日本人の4人に一人が水虫と言われている。
保菌者もふくめて。
患者さんを診ている実感にも合っている。

新コロ蔓延にともない、医療従事者への
差別が増えているらしい。

それで閉院したクリニックもある。

現場にいる自分も差別されているのか?
自分も家族も全然平気だ。
差別する側の「窮屈」をむしろ慮る。
しかし、スタッフや、スタッフの
家族のことを考えると悩ましい。

3000人が脚を切断する原因菌の
保有者が3000万人ほどいるのだ。
「伝染さない」が大切なのであって、
「伝染らない」の限界を知った方がいい。


もう伝染っているのかもしれない。
半数は症状がないのだから。
それを「ゼロトラスト」という。

差別している自分が水虫ではないか?

少なくとも医療従事者がストライキを
起こしたら間違いなく国は滅びる。

「明日は我が身」でよろしく。

超常現象

「オシッコが出て仕方ないんですよ」
排尿回数が多すぎると娘に指摘され、
大杉さん(82歳、男性) は来院した。

膀胱炎の可能性もある。

「尿を調べましょう」

2時間経過。
待てど暮らせどオシッコが出ない。

「どうしても出ないんです」
「ホンマに頻尿?貧乳の間違いでは?」

「(ボケは無視され)治ったかな?」

勝手に治ってよかった。
「また困ったら来て」
大杉さんは首をかしげながら、
帰宅。

北川さん(71歳、女性)は動悸が主訴。
「昨日はドキドキして眠れなかった」
「不倫してんの?」

「もう若くないわよ!」

北川さんの夫はうちの患者だ。
夫から
「診療所行って来い!」
と促されて来院した北川さん。

「今どう?」

「憑き物がとれたように治ったわ」

ニコニコで帰ってくれた。
夫の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

「頭が痛くて仕方がない」
小沢さん(26歳女性)はバーベキュー後、
嘔吐した。

吐き気が改善したら今度は頭痛だ。

「どんな風に痛い?ズキンズキン?
それとも、ギューッって感じ?」
「ギューッと締め付けられる感じ」
「バーベキューは何の肉?」
「えっ?」
「牛?豚?鶏?魚?」
「ああ、牛」

「そっちもギューなんやね」

てな話を2~3分したところで
「ところで今痛みどない?」
「あれ?治ってる…」

こんな日もある。
何もしなくても治ってくれる人が
連発する日。

人体とはそんなものなのだろう。
患者さんは治りに来てるのだから。

決して、オカルトや超能力ではない。
何となく音楽的調和がはまる日。

人体もリズム楽器なのだ。

百発百中になる日が来るといいな。

後日談

みな、再発してないそうだ。
よかった。

本能と頻尿

88歳の時田さん。
オシッコで1時間おきに目が覚める。

日中は?
6時間くらい行かないそうだ。

どっちが先か?
尿意で目が覚めるのか?
目が覚めるから不安で排尿するのか?
尿意で起きるなら頻尿だ。
昼間もしょっちゅう行くはずだ。

浅い眠りが原因の可能性が高い。

 

「眠りが浅いのは遺伝子のせいです。
昔は動物に襲われる危険があった。
夜中起きられる人間だけが生き延びた。
熟睡が苦手だった人の末裔なのです!」
「そうか!火事で寝てたら大変だものね!」
「その通り!何ならオシッコで消せばいい。

せっかく尿意があるのだから!」

 

もう一つの悩みはデイサービスだ。
毎回脳トレをさせられる。

それが上手くできないそうだ。

「脳トレはいりません(キッパリ)」
「でも、できなきゃまずくない?」
「目的があって人は鍛わるのです」
「脳トレの目的は暇つぶしだわね」
「そのとおり!さすが!」 

時田さんに脳トレは不要だ。