コロナのたらい回し


朝一番、珈琲豆の香りを味わう。
(香りを味わえる日本語は素晴らしい。
ちなみにコーヒーより珈琲が好きだ)
新コロ騒ぎのお陰で幸せ度が上がった!

味覚も嗅覚もなくなっている
友人女性から相談を受けた。

実は1週間前からだるさと頭痛、
軽度の咳で相談されていた。

臨床症状から強く疑われる。
地元の町医者にも断れたそうだ。
PCR検査で診断するしかない。
本人に話を聴いても、らちがあかない
ので、彼女の区の保健所に電話した。

つながらない電話に何度もかけ、
ようやくつながるもたらい回し。
その度に自己紹介から始める。
区の中核病院「コロナ外来」を
紹介された。

「医師から直接検査依頼して下さい」
と。

直接病院にかけ、これまでの経過を話す。
もちろん紹介状は完成させている。
先方での話し合いの結果
「保健所から依頼してもらわないと
検査できません」


なんだったんだ、この時間は!
そして、なんのラリーだ!?

再度保健所に問いただすと
「自分らもよくわからない。
こんな相談ばかりなんです」

優先順位があり、濃厚接触があきらか
ではない彼女は後回しになる、らしい。

「患者さん死んだらどうすんの?」
「でも皆さん待ってるんで・・・」

逆ギレならぬ居直りだ。

逆に言うと、こんな杜撰なシステムで
これだけの死者しか出ていない

と言えなくもないが・・・
PCR検査数が増えないわけだ。

最初に検査を増やさない方針で
進んだら、そのままの硬直システムだ。

台東区は動いた。
検査が柔軟になった。
区議に働きかけたのも少しは効いたか?

少し遠いが、友人を当院に来させ、
レントゲンを撮り、検査に回す流れに
誘導した。

友人のような患者は自宅待機で
どんどん悪くなるかもしれない。
こんな悲惨な現状が新コロ医療を
疲弊させているのだ、と構造が見えた。

町の先生方!頑張りましょう!
なんとか断らないシステムを作って
患者さんを救いましょう!


感染制御の信頼を作り、患者さんの
不安解消に努める必要がある。
その努力は必ず将来の信用につながる。

地域の理解も必要だ。
「明日は我が身」
診てくれるところがないのは悲惨だ。

https://mainichi.jp/articles/20200408/k00/00m/040/334000c?fbclid=IwAR1tZSKJ4ZsomhmRSLZ9jTrsZEtuVpCJOKklGFIQQ2odkrmoyi-cOhtS21s

死ぬの?

佐藤さんは80歳男性。
外来終了後に飛び込んできた。

この時間帯に来る患者さんには
注意が必要だ。
重症が隠れているケースがある。
スタッフも帰宅間際なので
集中力が切れがちだ。
この時間帯こそ引き締めるように
と、常に確認し合っている。

めまいと嘔吐で来院した佐藤さん。
付添の妻も不安そうだ。
持参の袋内の吐物は食事内容だ。

問診した。
「なんで吐いてるの?」
「気持ち悪くて」
「何食ったの?」
「昼は食べてません」
「朝食ったんだ?」
「おでんを」


夫婦で始まった。
結構食べたじゃない!3種類だけだよ。
古かったかな?味は確認したんだけど。
しっかり火は通してあるわよ!

様子を眺めながら、薬を溶かす主治医。
佐藤さんの顔色は悪い。

問診再開。
「死ぬの?」
「え?」
「いや、死にそうな顔してるから」

横から妻が
「寝てばっかりなんですよ」

佐藤さんは昨年末で仕事を止めた。
マジメで腕の良い職人さんだった。
地域活動にも貢献し、人望もある。
2度、仕事中に大怪我をしている。
右の人差し指と中指を欠損している。

主治医は叱咤激励した。
「もうちょい生きるつもりなら
気合入れてよ。起きてないと」


溶け切った薬を手渡した。
飲み終わり、しばらくすると眼力が戻った。
顔色も回復してきた。
妻も驚いている。

神経所見には異常はない。
脳は問題ないようだ。
念の為に点滴をしておいた。

「おでん古かったのかな?」
まだ言っている妻に
「毒盛ったんじゃないの?」
こういう不謹慎を「荒療治」と
勝手に名付けている。

「まだ死なれたら困るよね?」
「そうよ」
と頷く妻。

もうちょい生きたいか?
このままで良いのか?
自分で決めるしかない。

死ぬのは難しくはない。
寝てれば楽に弱っていくだろう。
まだこの世に「用」があるなら
生きるしかない。


握手の力強さに、佐藤さんの
心が見えた。
3本とは思えない力強さに…

超常現象

「オシッコが出て仕方ないんですよ」
排尿回数が多すぎると娘に指摘され、
大杉さん(82歳、男性) は来院した。

膀胱炎の可能性もある。

「尿を調べましょう」

2時間経過。
待てど暮らせどオシッコが出ない。

「どうしても出ないんです」
「ホンマに頻尿?貧乳の間違いでは?」

「(ボケは無視され)治ったかな?」

勝手に治ってよかった。
「また困ったら来て」
大杉さんは首をかしげながら、
帰宅。

北川さん(71歳、女性)は動悸が主訴。
「昨日はドキドキして眠れなかった」
「不倫してんの?」

「もう若くないわよ!」

北川さんの夫はうちの患者だ。
夫から
「診療所行って来い!」
と促されて来院した北川さん。

「今どう?」

「憑き物がとれたように治ったわ」

ニコニコで帰ってくれた。
夫の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

「頭が痛くて仕方がない」
小沢さん(26歳女性)はバーベキュー後、
嘔吐した。

吐き気が改善したら今度は頭痛だ。

「どんな風に痛い?ズキンズキン?
それとも、ギューッって感じ?」
「ギューッと締め付けられる感じ」
「バーベキューは何の肉?」
「えっ?」
「牛?豚?鶏?魚?」
「ああ、牛」

「そっちもギューなんやね」

てな話を2~3分したところで
「ところで今痛みどない?」
「あれ?治ってる…」

こんな日もある。
何もしなくても治ってくれる人が
連発する日。

人体とはそんなものなのだろう。
患者さんは治りに来てるのだから。

決して、オカルトや超能力ではない。
何となく音楽的調和がはまる日。

人体もリズム楽器なのだ。

百発百中になる日が来るといいな。

後日談

みな、再発してないそうだ。
よかった。