新コロリンピック


新庄さんの娘はバリ島で
カラオケバーを経営している。

新庄さん夫婦は手伝いをしに、
足繁くバリ島に通っていた。

コロナ問題が発生し、2月帰国を
最後に娘の元に行けなくなった。

バリ島では今回のウイルスは日本人が
持ち込んだと疑われているらしい。

PCRはもちろん、隔離2週間後
血液検査まで行われる。
一体何を調べているのか?
抗体価を調べているのか?
そんなことがバリ島で可能なのか?


ケニアからの帰国者の話だ。
ケニアでは、ナースでさえ、正しい
マスクの着け方を教育されていない
とのことだ。

恐怖を感じて命からがら帰国した。

今回のコロナ禍、各国の対応は
バラエティ豊かだ。
文化、経済状況、ポリシー、教育レベル、
国によって特色は違う。

だからやむを得ないのかもしれない。

科学も本当の「正解」が出せていない。
正解に近い科学があったとしても、
導入できるかどうかは別問題だ。
導入できるのなら、飢餓問題はとっくに
科学的に解決しているはずだ!


ただし、死への恐怖は各国共通だ。
だから、どの国も持ってるスペックで
全力を尽くしている状態だ。

話は替わる。

平和の祭典が中止(延期?)になった。
世界のアスリートたちが自分の技術を
競い合う機会を失った。
世界が感動する機会を失った。

コロナへの対策を競い合ってはどうか?

五輪のメイン種目は25競技らしい。
感染制御方法、ワクチン、特効薬開発、
精度の高い検査法・・・
25分野くらいすぐに作れる。


五輪のロゴは五大陸を表している。
ウイルスも五大陸に広がった。

アスリートたちは、経済格差や気候条件、
体格や体質の差などの不平等を乗り越え、
高い技術を表現する。
そこに感動が生まれる。

感染症対策も国間でスペックが違う。
その中で、各自工夫している。
日本でも、百均やポリ袋が大活躍している。
その現状に文句を言うのではなく、
みな必死で工夫している。

感染症への恐怖は世界共通だ。
アスリートの高度な技術への感動も
世界共通だ。
躰を使って、限界に挑戦するのも
ある意味共通だ。


世界が競い合って危機を乗り越えれば、
世界中で感動できる。
何より、「治り甲斐」「治し甲斐」が
一層増すのではないか。


オリンピックの理念である
「平和でよりよい世界の実現」
に近づく行為だと思うのだが。

人の命がかかっているから


早い話が
正論は最強だ
ということだ。


東京はカフェが多い。
理由の一つは家賃が高いことだ。
狭い部屋にしか住めない。
カフェでくつろぎ、仕事をする。
今は家にいないといけない。

人の命がかかっているから・・・

趣味がアウトドアの人は多い。
患者さんには社交ダンスが
趣味の方が多いが、全部中止だ。
自宅でテレビを観るしかない。
仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

世界的に飲酒量も増えているらしい。
運動不足と過飲で鬱は悪化する。
みな気の毒だが仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

日当で暮らしている人は大変だ。
自営業者も気が気でないだろう。
今月の家賃が払えないかもしれない。
売上がないので貯金から出した
79歳のスナック経営者がいる。

仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

自分のことを書く。

雇われ院長なので給料は保証されている。
もともとインドアなので生活は変化なし。
論文を書いたり、楽器を弾いたり。

食べるのも一日一食。
最近は昼食に出かけることが多い。
どこもガラガラで、「間」が気まずい。
店主を励まし、プチ医療をする。

家にはテレビがないので専ら読書三昧。
この土日で20冊以上読破した。

妻子は帰省している。
隔離に近い閑静な田舎から、悪名高い
東京に還る日はいつになるのやら。

なので自分の生活に不便はない。
規制を強いられる人々が気の毒だ。

医療的なことを書く。
発症している人でなければ
「3密」を避けることで十分。

都知事の「歯に衣を着せた」
物言いがすべてだ。

本当に若者の外出が問題なのか?
院内感染の制御こそが問題なのでは?
院内の状況は見えない。
外を歩く若者は見える。
だから攻撃対象になる。


それは「思考停止」に他ならない。
「ゼロリスク」の追求は気が狂う。
妄想と付き合うことになるからだ。


仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

この「正論」には歯向かえない。