相性抜群

鈴木さんは92歳女性。
鈴木さんの長女が外来受診した。

以前、鈴木さんの在宅診療をしていた。
転倒、入院をきっかけに在宅介護が
困難になり、特養に入所している。
入所後、すこぶる快調らしい。
認知症もむしろ改善している。

「こんなによくしてくれるけど、
ここおカネ大丈夫なの?」
「大丈夫よ。お母さんの貯金で
十分やれてるから」

と答える娘に母は上機嫌だ。

安心した主治医は
「どこ入ったんだっけ?」
と長女に訊いた。

「〇〇園です」
「…」

一瞬無言になってしまうところが
まだまだ修行が足りていない。

3姉妹の長女で機転が効く。
一瞬の間を見逃さない。
「入る前にケアマネにも言われました。
評判良くないって」


問題が多い特養だった。
入所者の介護が杜撰すぎた。
直接、苦情を伝えたこともあった。
行政から指導が入ったこともあった。

介護施設はどこも同じく人手不足だ。
介護理念だけではどうしようもない
部分もある。

こちらとしても「イジメ」がしたいわけ
ではない。

しかし、今回先入観はくつがえった。

在宅の頃、ご本人から聴いた話だ。

戦後、満州から命からがら引き揚げた。
船の上で死んだ子供も何人もいた。
亡夫が俳優並のハンサムだった。


そんな話をスタッフにもしている
のかもしれない。
鈴木さんは明るく、愛される性格だ。

そして何より3姉妹だ。
さすがにこのお母さんの娘。
みな処世に長けている。

3姉妹のチームワークがスタッフに
いい意味でプレッシャーを
与えているのは想像に容易だ。


断言する。

最初からプロはいない。
教育してあげればうまくなる。
当たり前だが関係性は受け身ではない。
「相性」も育てられるものなのだ。


自らの先入観に自戒を込めて…

聴診器はタクト?

色んな楽団(バンド)を経験した。
観てきたバンド、所属したバンド。

うまくいっているバンドは
例外なく全員が「指揮者」だ。
メンバー全員が俯瞰(ふかん)
できている。

俯瞰するためには、「関係」を
理解し、共有することが必要だ。
当たり前と思うが、簡単に
できるかどうかは知らん。
簡単と思わない方がいい。

所属する「楽団」はたくさんある。
家庭、地域、学校、職場、地域、
国家、国連…

医療という「楽団」に限定しても、
患者、スタッフ、出入り業者、薬局…
無限に存在する。

しっかりと「関係」という足場を
築けているか?
「効く」ときは、できている。
間違いない。

悪く言えば、
自分勝手なヤツが1人でもおったら
治るモンも治らん
なのだ。

診療指針という共通言語への
信頼の効能は強力だ。
であれば、先人への敬意は
絶対に忘れてはいけない。

2000年以上前に、ヒポクラテスは
有名な「誓い」の中で、
「この術を与えてくれたすべての
先人たちへの敬意を忘れない」
と述べている。

それは医療の現場だけではない。
教育の世界でも適用されるべきだ。
宗教業界だって政治業界だって。

一番最初の関係性は「親子」だ。
親の自覚を持っているか?
自問自答している日々だ。

要は、どの「関係」の中でどんな
「機能」を果たしているのか?

そこを起点に考えれば、自ずと
身につけるべき「スペック」が
決定されるのではないか。
時間をつぶしている暇はない。

美しい音楽だけが効く。
24時間365日、自分のテーマです。

ONE FOR ALL ALL FOR ONE

早い話が
家族の健康は総合点が一定しているのでは
ということだ。

家族が重い病を患う。
家族間での関係性に変化が起こる。
ドミノ倒し的にメンバーが病気になる
ということは滅多にない。

一緒に学ぶことで養生するようになる。
「自分が倒れてはいけない」
気持ちが免疫力を高めているのか?
実際、目の色が変わる家族は多い。
そして、以前より明らかに元気になる。

そういうケースは多い。

子どもが先に逝ってしまう。
その悲しみは言葉にできない。
しかし、数年後不思議なほど元気になる。
子どもの分まで生きてやろう!

人生を大切に生きている人は少なくない。

家族の健康は総合点が一定する。
勝手にそんな気がしている。

勿論当てはまらないケースもあるだろう。

人間は「関係」の中で生きている。
相手の状態に応じて自然と立ち回る。

親密な家族ほどバランスしている。

荒尾さん(78歳女性)は肥満している。
現在体重が78kgだ。
結婚当初、体重は45kgだったそうだ。
「詐欺ですね」
主治医は本音をつい吐いてしまう。
結婚当初、夫の体重が78kgだった。
夫はここ数年患っている。
現在体重は45kgしかないそうだ。
夫婦の体重が入れ替わったのだ!
総合点一定してるやんか…