死ぬで

時間制の競技がある。
サッカー、ラグビー、格闘技…

「もっとシュート打てよ」
「もっと手を出さなきゃ」

「時間ないぞ!」

選手や自陣の掛け声がはもちろん、

ファンもそういう気持ちになる。

ランナーの場合、有限なのは
時間ではなく距離だ。
ラストスパートという言葉がある。
時間と空間の違いはあれど、

「最後」は見えている。

人生における死はどうだろうか?
「いつ・どこ」かは見えない。

競技で言えば、「野球」に近い。

医学は「死」を最も忌み嫌うもの
として発展してきた側面がある。
死ぬ病を救ってきた。
その副作用か?

死ぬ存在であることを忘れている?

そんな人が増えたように思える。

中国でもそんな傾向があるそうだ。
あきらかに寿命に近い死でさえも、
医師が逆恨みされ、殺される。

そういうケースが増えているそうだ。

結果、医師を志望する人が減り、

医学の質が低下していると聞いた。

死を取り扱うのは宗教の仕事か?

ある種の宗教は死を美化する。
死後の世界、生まれ変わり…
「ある」か「ない」かわからない

世界を語る。

医師の立場から言わせてもらえば、

無責任としか言いようがない。

医師は「現世」を取り扱う仕事だ。
死後はわからんが、「死」はある。
そういう立場だ。

死から逆算して考えているか?

ラストスパートかけてるか?

シュート打ってるか?

死から逆算して優先順位を決定する。
少なくとも自分はそう考えている。

患者さんへもそう助言している。

明日死んでも後悔しないか?
もしも10年生きる保証されたら
10年後どうありたいか?

そこから逆算して「現世」を過ごす。

「死」は生は充実させる「道具」だ。
スポーツも宗教も「娯楽」だ。
生を充実させるために存在する。
そう考えている。

雨もエエもんです

早い話が
当たりすぎる天気予報も善し悪し
ということだ。

「明日雨らしいね」
飲食店や観光業の商売に響く。
ホテルのクロークは忙しくなるらしい。
袋を用意し、仕分けの手間が増える。
報酬と無関係だから嬉しくはない。

あるプロ野球のOBが言っていた。
プロ野球選手は皆、雨が好きらしい。
朝、雨の音が聞こえる。
「ラッキー!今日は試合中止だ!」
となるそうだ。
野球好きなんじゃないの?
延期するだけでしょ?
とどうしてもツッコミたくなる。
とりあえず目先の「楽」が欲しいのだ。
(ちなみにイチローは例外だった…)

極力天気予報は見ないようにしている。
行動が制約されるのがイヤだからだ。
皮膚感覚と出たとこ勝負!

それで行きたい(生きたい?)。

ある雨の日曜日。
家で4歳の娘と二人ランチをしていた。
「あとで公園行こうよ」と娘。
「アカンわ、今日雨やからなあ」
「雨ってイヤだね」
「その米は雨降らな食えへんで」
「何で?」
「いつもお花にお水かけてるやろ?
お米もお水がなかったら育てへん」
「じゃあ、水かけたらいいんじゃない?」
「その水もなあ、もともとは雨やねん」
「ふ~ん…」

何やら思索している様子だった。

後日妻に説明していた。
「このホウレンソウも雨がいるのよ」

夫婦でびっくりした。

賢い!
適当なこと言えんな…
娘の存在が家族関係を透明にしてくれる。
水のように…

マンガってスゴイ!(その1)

早い話が
漫画はあなどれない
ということだ。

自転車で墨田川沿いを走っていた。
谷口君の練習してところだ…
漫画『キャプテン』の主人公だ。
思春期、キャプテンに大いに影響された。

結局、10年以上野球に打ち込んだ。

もうしばらく走っていると泪橋。
矢吹丈はここでロードワークしてたんだ…
言わずと知れた『あしたのジョー』。

すぐにボクシングジムに入門する単純さ…

自分の人生に大きな影響を与えた2作品。
えっ、そんなとこで働いているのか!?
衝撃だった。
偶然にしてもすごい。近すぎる…
しばらくして、気づいた。
作者の「ちばてつや」と「ちばあきお」。

二人は実の兄弟だった…

彼らは幼少期をこの辺りで過ごした。

だから風景のリアリティがすごい。

この地に居心地の良さを感じた。
根を張り、仕事をしているこの地。
自分をこの地に導いた無意識の力。
漫画が作った原風景。
リアリティを感じさせれば現実なのだ。
漫画でも映画でも落語でも…