人の命がかかっているから


早い話が
正論は最強だ
ということだ。


東京はカフェが多い。
理由の一つは家賃が高いことだ。
狭い部屋にしか住めない。
カフェでくつろぎ、仕事をする。
今は家にいないといけない。

人の命がかかっているから・・・

趣味がアウトドアの人は多い。
患者さんには社交ダンスが
趣味の方が多いが、全部中止だ。
自宅でテレビを観るしかない。
仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

世界的に飲酒量も増えているらしい。
運動不足と過飲で鬱は悪化する。
みな気の毒だが仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

日当で暮らしている人は大変だ。
自営業者も気が気でないだろう。
今月の家賃が払えないかもしれない。
売上がないので貯金から出した
79歳のスナック経営者がいる。

仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

自分のことを書く。

雇われ院長なので給料は保証されている。
もともとインドアなので生活は変化なし。
論文を書いたり、楽器を弾いたり。

食べるのも一日一食。
最近は昼食に出かけることが多い。
どこもガラガラで、「間」が気まずい。
店主を励まし、プチ医療をする。

家にはテレビがないので専ら読書三昧。
この土日で20冊以上読破した。

妻子は帰省している。
隔離に近い閑静な田舎から、悪名高い
東京に還る日はいつになるのやら。

なので自分の生活に不便はない。
規制を強いられる人々が気の毒だ。

医療的なことを書く。
発症している人でなければ
「3密」を避けることで十分。

都知事の「歯に衣を着せた」
物言いがすべてだ。

本当に若者の外出が問題なのか?
院内感染の制御こそが問題なのでは?
院内の状況は見えない。
外を歩く若者は見える。
だから攻撃対象になる。


それは「思考停止」に他ならない。
「ゼロリスク」の追求は気が狂う。
妄想と付き合うことになるからだ。


仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

この「正論」には歯向かえない。

自然治癒する方法

トースト に対する画像結果


新藤さんは79歳男性。
胃がんを7年前に発症。
膀胱がんを5年前に発症。

この度、某有名大学病院から
卒業証書を授与された。

「体重は全然増えないけどね」
病気前より10kg減ったまま。
術後グッと痩せた。
貧血で顔色も悪くなった。
周囲からも心配される。

新藤さんはマイペースを守った。
無理して食べることもない。
朝は分厚いトースト一枚。
酒量は赤くなるので減ったが、
毎日ウイスキーは飲む。

週に2度船釣りに出かける。
40年間マジメに続けている。

痩せたままだが、顔色は良くなり
「ニュー新藤」という感じだ。

新しい「ホメオスタシス」が
働いているのだろう。

(↓文末のサイト参照↓)

昔に戻ろうとすると無理が生じる。
自然体で新たな「自分」に変化する。
失くしたものはしゃあない。
その中で順応する。
人間もカメレオンなのだ

早朝からクーラーボックスを
担いで電車に乗って2時間!
昼過ぎに帰宅し魚をさばく。
家族と近隣も楽しみにしている。

「狩人じゃないですか!」
新藤さんの「野生」を称賛する。

新藤さんは言う。
「お魚に遊んでもらってる」

マジメに頑固に楽しむ。
好きなものを持っている人は強い。
そして治癒する。
これが真の「自然治癒」だ。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/ちょこっとはみ出す?fbclid=IwAR2M6CNs-FeodRLorzM2ijjUOlCogs75rklH3r_VNURMSH3Dild0N3-z_Yk