新型コロナウイルス対策その2

夫が中国で医師をしている。
息子が中国で医師をしている。

そういう患者さんが数人いる。
ご本人は日本で暮らしている。

中国では医師の地位が下がってると
以前から聞いていた。

文化大革命以後、中国で宗教心が薄れ、
科学至上主義になった。
治らない現実を受け入れない患者が多くなり、
医師が殺される事件も多発しているそうだ。
割に合わないので、優秀な人材が
医師にならないそうだ。


みな揃って「質が低下している」
と語っている。
「医療ツーリズム」の現状を見ても
さもありなん、だ。

そして驚いたことに、中国の医師は
漢方薬(生薬)を使わないそうだ。

西洋薬オンリーなのだ。
風邪でも何でも…
生薬は漢方医の仕事らしい。

ご存知の方も多いと思うが、
風邪に特効薬は存在しない。

当院では主に漢方薬を出している。
中国の人も喜んで内服している。
むしろリクエストされることも…

日本で「温故知新」を実感する。
「温故知新」も中国由来の言葉だが…

新型コロナウイルスの毒性は
それほど強くなさそうだ。

無症状の感染者が大勢いることが
一つの証拠だ。

中国人は風邪の治し方が下手に
なっているのではないか?

風邪ですむケースを、こじらせて
肺炎になる人が増えたのでは?


風邪は民間医療でどうにかなる。
古き良き民間医療が失われている
可能性は否めないのではないか?

感染研がウイルスの分離に成功した。
遺伝子配列も中国発表と99.9%一致。
変異も認めていないとのことだ。
ワクチン開発も時間の問題だろう。

日本では感染拡大を制御できそうなので、
人権意識だけは忘れないよう行動したい。


もちろん高齢者や免疫の弱い人は注意が
必要なことは言うまでもない。
インフルエンザにならない予防を
しっかりすることで十分だ。

おしえて!ガリレオ

「それでも地球は回っている」

ガリレオ・ガリレイの残した言葉

として知られている。

でも本当は言っていなかった、
という説が今では有力だ。
当時はそれほど教会の権力が

強かったのだ。

その後の人生は、失明したりして

さびしい晩年だったようだ。

西洋医学を徹底的に否定する人がいる。

星田さんのご友人がそうだった。

ご友人は健康機器の販売をしていた。
胃がんが発症してあっという間に

お亡くなりになったらしい。

本当の最期まで、

医者にはかからなかったそうだ。

死者を悪く言う人もいる。
「健康で商売してたくせに」

「だからすぐ死ぬんだよ」

星田さんも
「やっぱり医者にかかって

おくべきだったんですよね」

本当にそうだろうか?

決してそうは思わない。
医者にかかっていたとしても
「西洋医学ってすごい!」

となるとはかぎらない。

医者にかかっていたら死ぬまで
闘病だったかもしれない。
苦しみぬいた挙げ句、
「無念じゃ」

と言って死んだかもしれない。

闘病しなくて済んで良かった
とも言える。
どうせ寿命には逆らえない。

(ちなみにご友人は享年78歳…)

信念を貫いたご友人の人生。
ガリレオより満足しているはずだ。