性格悪い人たち

https://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/20200505/3080003753.html

痛ましく、可哀そうな事件だ。
自分の息子でもおかしくない年齢。
親御さんやご友人にとっては
悪夢のGWになったことだろう。

この少年の行動を叩く人がいるらしい。
「自業自得」「自己責任」と。
少なくないそうだ。

国民のストレスも限界なのだろう。
そういう気持ちになる人たちに
むしろ憐みをおぼえる。

屋外での感染例はほとんどない。
権威のある医学誌に載った報告だ。
だから「三密」という摩訶不思議な
言葉を生み出したのだろう。
ウイルスの感染力も増していない。

医師として科学者としてはっきり言う。

サーフィンもBBQも問題なし!
家で悪口言ってる人!
アナタこそ感染したらすぐに死ぬよ!
川に行ってBBQした方がいい!
気分も晴れる!
川の水で手洗いだけしっかりね。


志村けんの死に泣いた国民が
短期間でこうも変化するのか。
性格が悪くなるのも感染するのか?

スリル中毒

電車に乗るのが怖い。
途中で降りてしまう。
仕事に行けない日が続く。

そういう悩みが続いた。
二人とも40代既婚者男性。

簡単に「うつ病」に逃げたくはない。
そうだとしても、初期なので
それなりに助言をした。

「おばけ怖い?」
「はい?」
「子供っておばけ怖がるよね?
まだおばけ怖い?」
「それと一緒ってことですか?」

違うかもしれない、それとは。
だけど克服しなければならない。

仕事行かなきゃ。でしょ?

「怖い」と発するとアホになる。
前頭葉が機能しなくなるからだ。
但し、ゴチャゴチャ考えずに
逃げるのが必要な状況もある。
「怖い」を失うと早死にする。
「怖い」は必要な「本能」なのだ。

だから、よく考えるべきだ。
「怖い」が適切かどうか?
おばけがいるのかどうか?

克服しなければならないことは
人生に多々ある。
そしてたくさん克服してきたはず。
自転車に乗る、に始まり、人前で
発表したり、危険な目に遭ったり、
子供が産まれたり…

出産する女性も絶対に「怖い」はず。
でも逃げられないし、克服する。

「電車が怖い」は幻想だ。
「怖い」という言葉さえいらない。
自分で作った妄想は自己責任。
幻想は「娯楽」にすべきだ。
毎日がジェットコースターだ。
かなりの高確率で「無事」が
保証されているのだから。

毎日チャレンジするのも悪くない。
記憶に残る日々を送れるはず。

心療内科ではないのでこの辺で…

ワイルドで行こう、はしんどい

浦田さんは97歳女性。
ほぼ寝たきりで10年経過している。
人生通してほぼ薬を飲んでいない。
現在もたまに浣腸する程度。

頭脳は、とてもしっかりしている。
そっくりな娘さんの献身的な介護と
執着しない性格が良い。

定期往診で訪問した。
「ご機嫌いかがですか?」
「衰えました」
「衰えではなく、進化かもよ」
「進化ですか?」
「大昔なら、真っ先に猛獣に
食われたでしょ。
世の中が進化したから
寝たきりでも生きられる」
「先生、ものは考えようねえ」

似たもの母娘に感心されてしまった。
ほんのジョークのつもりなのに…

言葉を発してから考えてみた。
保護する対象が増えるということは
たしかに「文明の進化」だ。
他者を守れる余裕があるのだから。

自分が生き延びることだけに
必死にならなくていい。
それは絶対に幸せなことなのだ。

社会保障費を削減せよ!
それが当然とされる空気がある。

思考停止になっていないか?

何でも自己責任、自己負担という
野生時代の到来。
現代の野生は「食われておしまい」
ではないからややこしいんだけど。