流行りの濃度?

妻を怒らせると夫は脳卒中で死ぬ。

女性上司が言っていたセリフだ。

怒りは味覚を鈍麻させる。
だから料理の塩分がどんどん濃くなる。

夫は血圧が上昇し、脳卒中を起こす。

台所担当が妻とは「昭和の偏見」では?

というツッコミはなしね…

実際に怒りは味覚を鈍麻させるのか?

怒りながら食べてみればいい。
味はわからないはずだ。
少なくとも、味を楽しむ余裕はなくなる。

だから塩加減が濃くなる。

交感神経と関係していると思われる。
怒りは交感神経を活性化する。
交換神経は「闘争か逃走」状態を作る。
つまり食べてる場合ではないのだ。
(ちなみに消化活動は副交感神経の仕事)

だから味覚が鈍麻するのではないか?

機序はあくまで、「仮説」である。

お店のラーメンがとても濃いと感じる。
以前に比して。

軒並み、行列を作るラーメン屋の話だ。

店員がイラついているのか?
客もイラついているのか?
濃い味が世の中に求められている。

それ自体がホンマか?

お前が「味覚音痴」なだけやろ!
そういうツッコミにはごめんなさい。

薬がキク~ッ!

早い話が
黙って薬を飲みなさい
ということだ。

白川さんは73歳女子。
コレステロールと中性脂肪が高い。

肥満が改善すれば治るだろう。

残念ながら50年ほど肥満している。
しかも進行性だ。

「肥満という快適領域」の住人だ。

検診で指摘され、当院へ来た。
薬を飲むとことに同意した。

しかし、きちんと飲まない…

「ホントは飲まない方がいいのよねえ」
この期に及んでいさぎ良くない。

頑なに薬を飲みたがらない人がいる。

高脂血症、高血圧、糖尿病。
生活習慣病と呼ばれる疾患だ。

症状として、痛みも痒みもない。

患者さんは大抵「すぐに効く」が欲しい。
本音は「明日痩せたい」なのだ。

変化が見えなければ動機は弱い。

生活習慣病を抱えている人は
「崖までの暗い道を歩いている」
とよくたとえられる。

落ちたら人生は180度変わる。

腎不全、脳卒中、心筋梗塞…
大病を予防するために飲むのだ。

医療の発達に感謝すべきでは?

何も起こらないまま生を全うする人もいる。

医師は「確率」の話しかできない。

食生活の改善、運動を増やす。
理想はみんな知っている。

それがままならないから医者に来ている。

「薬飲めばいいじゃん!」

人生楽しまなきゃ損!
薬を飲んでほどほどに美味いモノを食う。

世の中美味いモノも多い。
炎天下で身体を動かすことこそ毒だ。
機が熟したら、腹4分にすればいい。

好きに身体を動かせばいい。

薬が存在することに感謝すべきだ。
とにかく定期的に受診してほしい。
エエ感じに「洗脳」されれば、白川さんは

薬を卒業できるかもしれない。

最後に白川さんにメッセージを渡した。
「薬は嫌いになっても
原田医師のことは
嫌いにならないでください」
アレ?どこかで事聞いたことあるな…

言葉にできない

栗山さんの妻は失語症が強い。
10年前の脳卒中の後遺症だ。
リハビリもあまり進まなかったらしい。

「周りが大変ですよ」
と嘆く栗山さん(78歳)。
栗山さんご本人も大病をしている。
15年前に心筋梗塞をやった。
心臓の血管に金属が入っている。
肺がんを切って13年経った。

「生き延びてますねえ」
「ええ、どうにかこうにかね」

いや、むしろ若返っている。
ふと思った。
(妻のおかげかも?)

妻は認知症ではない。
だから妻の脳内にイメージはある。
しかし、言葉にならない。
本人はもどかしくてイライラする。
夫は妻を慮(おもんぱか)る。
必死で読み取ろうとする。
さながらテレパシーの世界だ。
新たな能力が開発されたのでは?

オカルトになる前に止めておく。

身内が病を発症する。
日常の景色が一変する
変化した現状を受け入れるのは困難だ。
絶対に悪いことばかりではない。
使っていない脳がフル稼働する。
人生時間の厚みが増すかもしれない。
メリットも必ず存在する。
先に大病を患った夫。
妻の衝撃も相当なものだったはずだ。

妻が失語症。
夫は本気の「傾聴」をするしかない。
妻も思っているかもしれない。
失語症でよかった。
いらんこと吐かないですむ…