自然治癒する方法

トースト に対する画像結果


新藤さんは79歳男性。
胃がんを7年前に発症。
膀胱がんを5年前に発症。

この度、某有名大学病院から
卒業証書を授与された。

「体重は全然増えないけどね」
病気前より10kg減ったまま。
術後グッと痩せた。
貧血で顔色も悪くなった。
周囲からも心配される。

新藤さんはマイペースを守った。
無理して食べることもない。
朝は分厚いトースト一枚。
酒量は赤くなるので減ったが、
毎日ウイスキーは飲む。

週に2度船釣りに出かける。
40年間マジメに続けている。

痩せたままだが、顔色は良くなり
「ニュー新藤」という感じだ。

新しい「ホメオスタシス」が
働いているのだろう。

(↓文末のサイト参照↓)

昔に戻ろうとすると無理が生じる。
自然体で新たな「自分」に変化する。
失くしたものはしゃあない。
その中で順応する。
人間もカメレオンなのだ

早朝からクーラーボックスを
担いで電車に乗って2時間!
昼過ぎに帰宅し魚をさばく。
家族と近隣も楽しみにしている。

「狩人じゃないですか!」
新藤さんの「野生」を称賛する。

新藤さんは言う。
「お魚に遊んでもらってる」

マジメに頑固に楽しむ。
好きなものを持っている人は強い。
そして治癒する。
これが真の「自然治癒」だ。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/ちょこっとはみ出す?fbclid=IwAR2M6CNs-FeodRLorzM2ijjUOlCogs75rklH3r_VNURMSH3Dild0N3-z_Yk

がん!?ガーン!

「5年生存率は44%です、だって。
あっさり言うのねえ、今は…」

原口さんは70歳になったばかり。
「揚げ物」大好き女子だ。
酒とタバコも止められない。
当院には、高血圧と高脂血症。
一応グッドコントロールだ。

GW中にお腹の不調で入院した。
紹介先では「胃腸炎」との診断。
食べ過ぎが原因と説明された…
この際、しっかり調べてもらって。
そう指示した。
なんやかんや検査をした。
結果、胆管がんが見つかった。
先日入院先から報告書がきた。
「あっちゃ~、マジか…」
原口さんは不定愁訴が多い心配性だ。

この病名を受け入れ、耐えられるか?

先日原口さんが久々に来院した。

杞憂だった。
開き直るタイプだった。
文字通り「腹を括って」いた。
スッキリした表情だった。

原口さんは冒頭の言葉を発した。

別件で見つかったラッキーなケース。

外科医からはそう説明されたそうだ。
別件かどうか厳密にはわからない。

人体はつながっているからだ。

手術日程もすんなり決まった。
経験豊富な名医が執刀することになった。
胆道系がんは特に「術者」が重要だ。
執刀数が多いほど信頼できる。
原口さんは非常に幸運だ。

5生率は、あくまで「現時点」での話だ。
5年前の5生率はもっと低い。
10年前なら絶望的な数字だ。
かつてがんは不治の病だったからだ。
がんが治る時代になりつつある。
医療は秒単位で進化している。
がん治療の未来は明るい。
原口さんの未来は明るい。
現段階で44%ということは、
実質五分五分以上の確率だ。

そんな話をした。

「タバコは?」
「さすがに止めたわよ」
「酒は?」
「飲む気しないわよ」
「OK!完治したら祝杯しましょ」

一緒に酒を止めてあげることにした。
5年後解禁、あっという間だ。

初舞台

夫は毒舌を吐いた。
「鳥越(祭り)までだね」
「あたし、お祭り見たら死ぬの?」
主治医は苦笑いするしかなかった。
「いつ死ぬかはだ~れもわかりません」

直美さん(68歳)は末期胃がんだ。
在宅で緩和ケアをしている。
幸い痛みはないが、眠れない。

最小限の点滴や眠剤でしのいでいる。

残された時間は少ない。
駆け込むように夫婦で旅行しまくった。
決して「おしどり夫婦」には見えない。
「会話弾むの?間(ま)持つんだ?」

何を話していいかわからない。
そんな熟年夫婦は少なくない。
幸い、会話はすこぶる弾むらしい。
夫婦できちんと向き合ってきたのだろう。
夫婦にしかわからない世界かもしれない。

夫の幸一さんのトークは確かにオモロイ。
新婚時代のエピソードだ。
「こんなのが出てきたんですけど」
夫の目の前に数枚の券を並べた直美さん。
吉原にある特殊浴場のサービス券だった。
(当時は「トルコ風呂」と言った…)
「これは期限切れね、これはあと何か月…」
目の前で淡々と仕分けする直美さん。
アッパレすぎる!
バツが悪い幸一さん。

町会の新年会の賞品として出品したそうだ!

ちなみに誰が当たったかも記憶している。
これまた当院の患者さんだった。

もちろん若かりし頃の話だ…

今年も鳥越祭りを見ることができた。
夫の予言を超えて生き延びている。
弱ってきているのは間違いない。
もう二人で旅行することはできない。
直美さんは元看護師だから気丈だ。
主治医は幸一さんを慮った。
「旦那さん、看てるの辛いんじゃない?」
「一蓮托生だから大丈夫」
直美さんがすっと返答した。

永遠の一蓮托生に「最期」はない。
尊い夫婦の舞台に出させてもらっている。
光栄だ!