声のボリューム


「隣のじいさんがうるさくて眠れない」
三好さん(76歳女性)は不満げだ。
隣人は耳が悪くて、テレビの音量が
いつも大き過ぎるそうだ。

独居の人は寂しさを紛らすためか、
テレビをつけたまま寝る人が少なくない。

「顔も頭も悪いけど、耳だけは良いの」
と自虐的な三好さん。
元々、聴覚過敏があるそうだ。

「オッチャンに注意しに行こうか?」
と提案したが、断られた。
効果が期待できそうにない、とのこと。
いい「耳栓」を紹介してあげた。

「わたしは声が大きいですか?」
片岡さんは79歳男性。
難聴がどんどん進んでいる。
友人に「口にチャック」のジェスチャー
をされ、気にしている。

「ちょっと大きいかな」
とこちらも大きな声で応える。

難聴の人は声が大きくなりがちだ。
自分の声が聴こえないと不安になる。
スマホも聴き取りにくいそうだ。

良いヘッドホンを紹介してあげたら、
「すごく聴き取りやすくなった!」
と喜んでくれた。
「若い子に紛れ込んでるんですよ」
ヘッドホン姿にご満悦だ。

三好さんの隣人は片岡さんなのだろう。
世の中には、耳の悪過ぎる人も
良すぎる人もいるのだ。

自分の発するボリュームを少しだけ
意識してあげてほしい。

日常的にマスク着用している人は特に。
音量が大きすぎる傾向がある
関西人医師も心がけている。