ズバリ言うわよ!

「なんか元気が出ないんです」
83歳独居の柄崎文子さん。
近隣の人に支えられるように来院。

色々調べたが基本ヘルシーだ。
うつの初期かもしれない。
食欲もなく、当初体重は減り続けた。
「困ったら来て」

本当に毎週来院している…

初診から3か月経った。
先月頃から改善の兆しが見えた。
食欲も出てきた。
服装のお洒落度が増している。
「それ、好きな色やわあ」
よく見ると顔も非常に綺麗だ。
「美人はややこしいんですよ」

差別的にイジりもした。

体重も増えてきて元気になった。
と思っている矢先。
「何かカッタルイんです」

とこれまた典型的ではない訴え…

「眠れてる?」
「はい」
「寝てるときはカッタルくないのね?」
「はい」
「今は?」
「今は大丈夫です」
「カッタルイの忘れてたんでしょ?」
「はい」
「ヒマが原因。忙しくして下さい。

死ぬとき後悔しないように」

寝てるときは忘れる。
症状を忘れている瞬間がある。

忘れられるレベルの症状ということだ。
その程度でガタガタ言わない。

いつもの冷たい助言だ。

「先生は評判いいから」
取ってつけたようなホメ殺しをされた。
「それならもっと評判上げて下さい。
柄崎さんが元気になって愚痴がなくなる。
それは診療所のおかげと吹聴してよ」
と言いながら気づいた。

手強い患者さんこそチャンスだ!

診療を楽しもう!

女優魂

島さんはいつも妻の心配をしている。
外来でも妻の話ばかり。

風邪で受診した夫、北島さん。
自分のことはさておき、妻である。
「妻も風邪で明日受診する」
そうだ。
今日でなくて明日?

妻は「今日は用事がある」そうだ…

姉さん女房(75歳)は元女優。
レコードを出している歌手でもある。
今も、いわゆる「美人」さんだ。
叱られることを覚悟で偏見を。
美人は「かまってちゃん」が多い。

いつも外来では不定愁訴の嵐だ。

「はいはい、なるほどなるほど」
「ちゃんと、聴いてよ!」

主治医の冷たい医療にスネる元女優。

翌日、姉さん女房が受診してきた。
いつもと様子が違う。

夫の話ばかりしている。

夫婦って面白いと思う。
夫の心配をすることで元気になったのだ。

「心配する」とは実に良薬なのだ。

「主人、大丈夫ですかね?」
「大丈夫、ウチの家族も全滅やったよ」
風邪が流行っているという話をした。
「先生なのにダメじゃない!」
患者さんは医者の不養生に手厳しい。
「たまに風邪引けばいいのです。
それで自力で治せばいいのです」
「スパルタなのね。心配しないの?」
「内心ヒヤヒヤ。演技上手いんです。
かまってちゃんを作らないためにね」
と得意げに語ってハッと我に返った。
プロの前やった…

幸い、ここは素通りしてくれた。
主治医も患者も「天然」だったようだ…