おカネのチカラ

蕎麦屋で働く佐藤さん47歳。
糖尿病と高脂血症と高血圧。
生活習慣病のデパートだ。


見た目通り、人が良くて
のんびりしている。
友人の蕎麦屋を手伝っている。
深夜営業が中心だ。
断りきれないのだ。

両親も当院の患者さんなので、
息子を任されている手前もある。
余計、倒れられては困る。

受診も滞りがちだ。
病識があまりにも乏しい。
前回、心がける習慣を
紙に書いて手渡した。

「これを家の冷蔵庫に貼って
口に出して、毎日読み上げて!」
「はい、わかりました」

返事は良い…

用を足しにトイレに行ったとき、
斎藤さんに手渡した紙の忘れ物を
見つけてガッカリした。

今回相変わらずの風貌で外来受診。
「口ぐせ唱えてる?」
と訊くと、
「はい、毎日言ってます」
と嘘をつく。

今回はいつもに増して、
「のれんに腕押し」だ。
訊いてみた。

「何かええことあったん?」
「有馬とったんです」

競馬の有馬記念だ。
「なんぼ?」
「50万ほど勝ったんですよ!
母ちゃんに半分取られたけど」


そりゃあご機嫌なはずだ。
でも「あっ」で無くなるだろう…

茅野さんは76歳女性。
眼の手術がうまくいかなかった。
外来受診の度に愚痴る。

今回も同じように愚痴るだろう。
先手を打って、眼科医の替え方、
受診の仕方を色々と指南した。

これまた何となく「ぬかに釘」だ。
いつもよりご機嫌なのだ。

「何かええことあったん?」
「宝くじ当たったの」
「なんぼ?」
「70万円!」


病は現金で消える!
次の書籍のタイトルにしようか?

病は母親で治る

君塚さんは70歳男性。
酒好きで治療にも非協力的。
ようやく心が通い出した。
糖尿の数値もみるみる改善してきた。

「素晴らしい!これで生き延びた!」

ホメていると意外な告白をしてきた。
君塚さん曰く一度死んでいるそうだ…

高校時代に大きな事故に遭った。
脳が飛び出ていたそうだ。
救急隊も完全にあきらめていた。
一命は取り留めたが、3年間入院。

その告白に驚いた。
今の姿は日焼けした普通のおっちゃん。
よく見ると少し傷痕がわかる程度だ。

「先生は信じないと思うけど
母親が治してくれたんです」


母は息子を助けたい一心で、
色んなことをしたそうだ。
山に登り、呪術的なお祈りもした。
そして肉断ち、油断ちもした。
生涯に渡ったそうだ。

母親は晩年認知症を患っていた。
それでも味噌汁を食べるときに、
油揚げだけ除けていたそうだ。

その話にはグッときた。

「先生にこんな話は変ですよね」

そんなことはない。
3年の入院は壮絶な事故を物語る。
しかも50年以上前の医療のレベルだ。
母の念は有形無形に働いたはずだ。

「そう言えば、君塚さんの血糖値が
悪い時、寝苦しいんですよ。
お母さんに首絞められてるのかも。
息子治せ~ゆうて」

君塚さんは笑っている。

医学は間違いなく科学だ。
だけど、医療は治ってナンボ。
オカルトでも何でも治ればいい。

卒中ギタリスト

小川さんは58歳男性。
糖尿病と高血圧の持病がある。
会社を経営していてストレスは多い。
酒とタバコもなかなか止められない。

先日小川さんの母親が急死した。
母の葬儀中に呂律が回らなくなった。
近所で受診したが問題なしと帰宅。

翌日当院受診。
手足の麻痺はなく、呂律異常も軽度。
だが、違和感があるので精査した。
やはり脳梗塞があった。

一週間後、退院報告に来てくれた。
ほぼ元通りの小川さんだった。
「助かりました」
「お母ちゃん一人で逝くの
寂しかったんですかね?」

苦笑いする小川さん。

小川さんの趣味はギター。
外来ではソウルミュージックの
オタクトークに花が咲く。
やはり若干いつものキレがない。
母の死と卒中のダブルショックか…

「ギターは?」
「全然問題なく弾けるんですよ」
「よかったあ!」
「実は一本買っちゃったんですよ!」
「ナイス!」


この辺がミュージシャンの良いところだ。
「心機一転」できる!
呂律が回らない?
ギターでしゃべればいい!