水虫という国民病


日本人の約2000万人が糖尿病
もしくは糖尿病疑いである。
実に6人に一人がほぼ糖尿病だ。

糖尿病は症状が出にくい疾患だ。
喉が渇いて水を飲みまくり、
オシッコだらけで医者に来る。

そんな教科書的な状態まで
放置する人は珍しい。

検診などで指摘され、注意し始める。
場合によっては薬を飲むことになる。

糖尿病で怖いのは合併症だ。
その一つに神経障害がある。
痛みや痒みに鈍感になる。
だから傷ができても気づかない。


普段、足の指や足の裏を観察する
習慣がない人は多い。
足に傷ができ、気づいたときには
とんでもない状態になっている。

そんな人がたまにいる。

来院時、親指の骨がむき出しに
なっていた人もいた。
その人は指一本切断するだけで済んだ。
下肢を切らないといけない人もいる。

ちなみに一年間に何人の人が下脚切断を
余儀なくされているか?

毎年3000人を下らないのだ!

切らなければバイキンが身体中を
巡り、命に関わる。
苦渋の切断だ。

ちなみに傷の原因は大半が「水虫」だ。
産まれながらの水虫はいない。
家族や他人に伝染されている。


日本人の4人に一人が水虫と言われている。
保菌者もふくめて。
患者さんを診ている実感にも合っている。

新コロ蔓延にともない、医療従事者への
差別が増えているらしい。

それで閉院したクリニックもある。

現場にいる自分も差別されているのか?
自分も家族も全然平気だ。
差別する側の「窮屈」をむしろ慮る。
しかし、スタッフや、スタッフの
家族のことを考えると悩ましい。

3000人が脚を切断する原因菌の
保有者が3000万人ほどいるのだ。
「伝染さない」が大切なのであって、
「伝染らない」の限界を知った方がいい。


もう伝染っているのかもしれない。
半数は症状がないのだから。
それを「ゼロトラスト」という。

差別している自分が水虫ではないか?

少なくとも医療従事者がストライキを
起こしたら間違いなく国は滅びる。

「明日は我が身」でよろしく。

病人の定義

「持病のある高齢者だけでしょ、
心配しないといけないのは?」

岩坂さんは、話題の新型ウイルスに
触れ、そう言った。

米屋を経営している岩坂さんは
75歳の男性だ。

お正月は、他では絶対に食べられない
餅を用意して孫たちを迎える。
孫もそれを楽しみにしている。

糖尿病でインスリン治療の岩坂さん。
客観的には、しっかり
「持病持ちの高齢者」
なのだが…
ご本人の気持ちは現役バリバリだ。

下町の高齢者は自営業が多い。
生涯現役という人も少なくない。
だから気持ちが若い。

「ホントに病気の人多いわよねえ。
どこも悪くないのが申し訳ないわ」

という高橋さんは生活習慣病の宝庫だ。
では何しに診療所に来ているのか?
雑談だけが目的のつもりなのか?

自分を「病気」と思わない。
自分を「高齢者」と思わない。
「自分は死ぬまで健康だった」
と最期を迎える。


良いことなのだろう…

食い意地

早い話が
「栄養学」を信頼しているが、
信用していない。


食事療法が必要な患者さんには
栄養学に基づいて指導する。
完全に信用していないのは、
例外がいくらでもあるからだ。

肉ばっかり食べて元気な高齢者。
菜食主義のインド人に糖尿病や
高脂血症が増え続けている。
水を飲んでも太るという人もいる。
一食しか摂らず何年も過ごす人もいる。


健康長寿の高齢者に日々の食生活を
聴くようにしている。
結論から言えば、ホントにマチマチだ。
傾向として言えるのは、
「好きなモノを少量」
食っている感じだ。

食事制限という言葉に代表される
ストレスがないのだけは共通だ。

健康だから食事制限は不要なので
鶏が先か卵が先か、なのだが…

中学生の頃から診察している
大原さんは管理栄養士として
病院で働いている。
今でもたまに当院に受診する。

上記のような私見を述べ、意見を
求めるが、あまり明快な答えは
もらえない。

「栄養学は人類のものやけど
食いもんは個別やで」

というような医療従事者失格な
意見を言い、苦笑いされる。

大原さんは非常に痩せている。
人並み以上に食べ、甘い物に目がない。
いわゆる「痩せの大食い」。
彼女自体が栄養学の矛盾なのだが、
もちろん説明不能だ…