超常現象

「オシッコが出て仕方ないんですよ」
排尿回数が多すぎると娘に指摘され、
大杉さん(82歳、男性) は来院した。

膀胱炎の可能性もある。

「尿を調べましょう」

2時間経過。
待てど暮らせどオシッコが出ない。

「どうしても出ないんです」
「ホンマに頻尿?貧乳の間違いでは?」

「(ボケは無視され)治ったかな?」

勝手に治ってよかった。
「また困ったら来て」
大杉さんは首をかしげながら、
帰宅。

北川さん(71歳、女性)は動悸が主訴。
「昨日はドキドキして眠れなかった」
「不倫してんの?」

「もう若くないわよ!」

北川さんの夫はうちの患者だ。
夫から
「診療所行って来い!」
と促されて来院した北川さん。

「今どう?」

「憑き物がとれたように治ったわ」

ニコニコで帰ってくれた。
夫の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

「頭が痛くて仕方がない」
小沢さん(26歳女性)はバーベキュー後、
嘔吐した。

吐き気が改善したら今度は頭痛だ。

「どんな風に痛い?ズキンズキン?
それとも、ギューッって感じ?」
「ギューッと締め付けられる感じ」
「バーベキューは何の肉?」
「えっ?」
「牛?豚?鶏?魚?」
「ああ、牛」

「そっちもギューなんやね」

てな話を2~3分したところで
「ところで今痛みどない?」
「あれ?治ってる…」

こんな日もある。
何もしなくても治ってくれる人が
連発する日。

人体とはそんなものなのだろう。
患者さんは治りに来てるのだから。

決して、オカルトや超能力ではない。
何となく音楽的調和がはまる日。

人体もリズム楽器なのだ。

百発百中になる日が来るといいな。

後日談

みな、再発してないそうだ。
よかった。

自殺という喧嘩

早い話が
喧嘩の仕方は下町に学べ
ということだ。

盆踊りの日、喧嘩が始まった。
片方は自分の患者さんだ。
喧嘩っ早いことで有名な人だ。

最初は冗談かと思った。
しかし、押し合いになった。

大事になるかもしれない!

そう察知し、止めに入った。
自分の他にも数人止めに入った。

自分以外、なぜか全員笑っている。
見物している人も笑っている。

何とか当事者二人を引き離した。
発熱したまま当事者たちは退散した。

すぐに、みなの笑顔が消えた。
止めに入った人も観衆も…

「何で喧嘩してたの?」
みな喧嘩の理由さえ知らない。

そうか!
喧嘩が始まったら笑うのだ!

なるほど「知恵」だ。
笑いで喧嘩を大きくするのを防ぐ。
「笑って誤魔化す」の応用例だ。
要は「煽るな」「焚きつけるな」だ。

隣国との関係が穏やかではない。
せっせと感情をぶつけ合っている。

どちらにも言い分はあるのだろう。
こんなときこそ「知恵」の出番だ。

どっちが正しいか間違いか?
勝ち負けは?
どうでもいいではないか。

笑える動物は人間だけだ。
笑いこそが最強の武器だ!

明日は9月1日。
子供の自殺が最も多くなる日だ。

子供に目を向けるべきだ。
よそ様の子供にも注意を向けよう。
緊張を解いてあげよう。

「死んだらアカンで」
その一言で一線を越えない。
何度も経験している。

今年の9月1日は日曜日だ。
翌9月2日まで注意が必要だ。

まずは自国の子供たちを守ろう!