デンジャラス・ゾーン

数年前キューバで旅をした。
行く前も後も周囲から
「怖くないの?治安とか」
散々言われた。
実際のキューバはかつて訪れた
どの国よりも安全だった。
人は穏やかで、夜は早々静かだった。
情報がアップデートされていない。
キューバ革命時の混乱や、移民の犯罪。
その辺りで止まっているのだ。
キューバ、野球、ラテン、社会主義。
50年間それだけ。
興味がない国は危険な国になるようだ。

在宅患者さんの高杉さん80歳。
足が痛くて自宅にいる時間が増えた。
最近はほとんど家の外に出ない。
往診するといつも情報番組を見ている。
うちにはテレビがないので、
往診患者さんの家のテレビは新鮮だ。
つい、目がそちらへ向かってしまう。
番組構成、コメントに正直イラつく。
あえて番組名は出さないが、
どの局も似たり寄ったりだろう。

「下半身の一部が切り取られた死体を
女性が湘南で見つけたニュースです」
センセーショナルな予告でCMに入る。
「見つけた人トラウマになるわよねえ」
とナース。
「怖い世の中だからねえ」
という高山さん。
日本は世界で最も平和で安全な国だ。
殺人発生率は10万人当たり0.28人。
(ちなみにエルサルバドル82.84人)
年々、数字上の凶悪犯罪も減っている。
家にいると世の中は危険になるようだ。

一層高杉さんは引きこもるだろう。

テレビが娯楽だった時代がなつかしい。

可哀そうやんけ



早い話が

無理して毒づくな
といういことだ。

発達障害という病名が横行している。
本人が困っていなければ大きなお世話だ。
病名として受け入れる必要は全くない。

ただし、カテゴライズのメリットもある。
病名がついたことでサービスが利用できる。
利用できるものは利用すればいい。
そのために税金を払っているのだから。

昔は病名としては一般的でなかった。
それゆえ、生活に困っている人も少なくない。
瀬田さん(63歳)もその一人だ。
性格は朗らかで、優しい。

独りで母を介護し見送った。

瀬田さんは複数の病を抱えている。
主に生活習慣病だ。
食事や運動のコントロールができない。
繰り返し指導するが、理解力に欠ける。
世間的には怠惰と見られがちだ。
プロから見れば「精神発達遅滞」がある。
普通に生活しながら、少しズレる。 

食欲を抑えられない理由は他にもある。

世の中、安価で高カロリーの食材だらけ。
缶酎ハイはジュースより安い。

国は許可を与えているし、重要な財源だ。

瀬田さんの病状は断じて自己責任ではない。
守ってあげないといけない存在なのでは?

生活保護受給者に異様に厳しい人がいる。
不正受給は受給者全体の2%に過ぎない。
これはファクトだ。
不正受給とされるケースでもしっかり
調べれば精神疾患の可能性もある。

世の中が「深刻」になっている気がする。
しかも「意地悪」な方向に…
「自己責任」という言葉の濫用。
自己責任は自分に対して使う言葉だ。

他人に使う必要はない。

「可哀そうやんけ!」
それは誰にでもある気持ちだろう。
正直にその感情を発露すればいい。

困っていれば助けてあげればいい。

「可哀そうやんけ!」
幾度となく許されてきた。
時代を共にする縁で。
空間を共にする縁で。
つながりを感じ、同情してあげる心。
それはあえて醸成するものではない。

最初から持ってる素直な気持ちだ。

「盗人にも三分の理」
先人は不正受給にさえも理由を見出した。
大泥棒も移民も娯楽の対象だ。
少なくともスクリーンの中では…

無理して毒づくな、と言いたい。