差別やら風評被害やら・・・


「コロナ診てるらしいね」

中華料理屋で、奥からママが
なかなか出てこない。
ようやく出てきて開口言われた。
家族全員当院の患者だが、
ママだけ最近来院しない。

(なかなかやるやんけ!)
笑えた。

まあ説明するのも邪魔くさいが、
言うことは言っておこう。
「コロナを選んでるわけではないよ。
熱出た人を診てるんよ。
ママが熱出たら診んでもええの?」


困った顔をしながら
「尾ひれ羽ひれつくから」
と気まずそうに言い訳していた。

これが風評被害か。
ようやく目の当たりにし始めた。

「あの診療所コロナ出たから
行かない方がいいって言われたよ」

外来で言われた。
常連患者だ。

「来んでええです。
お願いして来てもらう
仕事してないから」


サイレントクレーマーは
何も言わずに立ち去る。
うちの患者さんたちは
サイレントしていられない。
バイブレーションが隠せない。

28歳の力士が死んだ。
なかなか診てもらえなかったそうだ。
断った医師にとってもトラウマだ。

お上の指示に従ったのか?
風評被害を恐れたのか?
本当に新コロが恐かったのか?

それは知らない。
若者の死をムダにしてはいけない。

保険屋から聞いた実話だ。
一旦「コロナ陽性」と出たら、
保険には入れないらしい!
だから検査前に医者に加入を
勧めているそうだ!


こんなとこにもあった。
差別の種が!

そりゃあ検査も増えないはずだ。

組織の長としてスタッフを
守らないといけない。
コネを最大限に利用して職員全員に
PCR検査をした。

もちろん全員「陰性」だった。
うちの診療所はクリーンだ。

これからも定期的に検査する。

昨日はTBSの密着取材だった。
医療崩壊防止、医療従事者への
差別防止の提言をした。

使える手を全部使って
何とかしてやろうと思う。

(笑)

小山さんは85歳独居女性。
家の中は「江戸」だらけ。
提灯や江戸家具、歌舞伎や相撲文字。
亡き夫の趣味と思しき任侠風味…

それに加えて、文化とは異なる
不思議な「明るさ」がある。
独居特有の「寂しさ」が薄い。
なぜだろう?

江戸の色彩は概してシックだ。
(花魁文化は別…)
色も「原色」という感じではない。
小山さんは倹約家なので電気も暗い。

理由がわかった。
そこら中に
「ユーモア」「笑」
という字があったのだ!


デイサービスで書いた作品
「いつも心にユーモアを」
「笑う門には福来たる」

壁にたくさん貼ってある。

「笑」「ユーモア」という字の持つ
ポテンシャルはあなどれない。

嘘だと思うなら「笑」という字を
じっと見つめてみてほしい。
笑けてくるでしょう?

笑福亭笑瓶はラッキーだ!
「笑」が二個も入っている!
強力な芸名だ。

「診療所」も「診療笑」にしたら
楽しいかも…

ようこそトランプ大統領

屋上から東京スカイツリーが見える。
星条旗にライトアップされている!

なるほど。

トランプ大統領か…

過去を乗り越えよう。
大切なのは未来だけだ。

その姿勢は貫いているつもりだが…

墨田区は東京大空襲の中心地だ。
一夜にして10万人の命が失われた。
民間無差別爆撃は国際法違反だ。

それは戦争の勝敗とは関係ない。

過去を乗り越えよう。
大切なのは未来だけだ。

だけど、ガサツ過ぎないか?
ご存命の被災者もいるのだ。
体験者から聴く言葉は常に重くて痛い。

日本の未来を託すに値する人物か?
実は良い人かもしれない。
しかし、国際世論的にはそうでもない。
イジワルな人物というのが一般的評価だ。
なぜなら「アメリカファースト」って
言っちゃってるからだ。
リーダーは「ラスト」でしょ?
リーダーシップを放棄したわけだ。

他国からの「尊敬」を放棄したわけだ。
どっかの知事も真似していたが…

関係国はアメリカだけではない。
他国の「まなざし」も重要だ。
「美しい国」に見えるかな?

甚だあやしい。

首相と大統領の蜜月。
今日は相撲を観戦しているそうだ。
力士には「サムライ」が入っている。
「士」は「サムライ」と読む。
サムライは自己犠牲をいとわない。
誇り高き存在だと理解している。
『ラストサムライ』にかけてみた。
映画『サムライファースト』公開中!
絶対ヒットせんな…