人気出てきた?


朝から赤ん坊を抱いた人たちが
診療所の前で並んでいる。

内科しか標榜していないうちでは
珍しい光景だ。

「なんで?」
ナースに訊いた。
「小児科が発熱を診ないそうです。
あそこなら診てくれるからって」

ズッコケた。

9時半から在宅を廻らないといけない。
11ヶ月児一人だけ診察して勘弁願った。

午後の外来で来た39歳介護職の男性。
38度近い発熱状態で入ってきた。

「熱あるんなら連絡してよ。
貼り紙もあるやろ!
君も高齢者相手の仕事やろ!」

久々に患者さんを叱った。
幸いコロナではなさそうだが。

聴くと、近隣の診療所に断られ。
うちに行くように指示されたと。
誘導した診療所も連絡してこいよ!

夫が医師をしているナースの話だ。
夫がパート先から日給を減らして
ほしいとお願いされたそうだ。
患者激減で経営がままならない。
医師も売り手市場ではなくなっている。

オンライン診療が流行ってきている。
こうなると「軍人将棋」が始まる。
有数の名門大学出身の医師だけの
世界になっていくだろう。
オンラインで食える医師は限定される。

医者は人気商売だ。
いや、すべての経済の指標は「人気」だ。
自分が人気があると言いたいのではない。
人の「気を惹く」努力をしているのだ。
他で嫌がられた患者の気を惹いている。

コロナで患者が減ったとか愚痴る前に
やるべきことは山ほどあるはず。

インフルエンザ様

「冬は忙しいでしょ?」
「”かきいれ時” ですからね」

往診患者さんを前に、
不謹慎な物言いを反省…

寒くなると血圧も上がる。
外出も減り、食事量が増える。
太ると血糖値も上がる。

脳卒中や心筋梗塞も増える。

特に、呼吸器感染症だ。
風邪に始まり、気管支炎、肺炎。
最近は年がら年中の印象もあるが、

やはり冬は風邪が多い。

日本は「インフルエンザ大国」と
揶揄される。

大げさに取り扱い過ぎだ、と。

よく言えば、他人に迷惑を
かけないように心がける

文化・風習と言えなくもない。

39度に発熱した患者さんが来る。
インフルエンザ検査をする。
「検査結果は陰性です」

「よかったあ!」

逆だ…
インフルではないのに39度!?

熱が出る病はゴマンとある。
エボラ出血熱だったらどうする?
インフルなら2~3日で治るけど。
治療法のない感染症や

未知のウイルスだったら?

このまま死ぬまで39度だったら?

確率は極めて低いが…

いずれにしても冬は忙しい。
既に風邪は多く、連日満員だ。
ウイルスも医療機関の経済には

貢献している。

またまた不謹慎と叱られるか…

うちの診療所は自分を含め、
全員が従業員。
多忙でもインセンティブなし。
それでも楽しく仕事をする
全スタッフが誇らしい。