悩むな、考えろ!

同一の患者に独立して癌が
複数発生することを多重癌という。

研修医だった20年前は珍しかった。
学会発表させられるほどだった。

一つの癌が致命的だった時代だ。
次の癌の見落としもあっただろう。
多重癌も医学進歩の賜物かもしれない。

今、多重癌の患者さんを何人か診ている。
75歳以上の高齢者ばかり。
みな、何事もなかったように過している。

体重も増えているし、ホンマに癌?だ。

彼らに共通していること。

クヨクヨしない。

「バカだから考えないのよ」

佐山さん(82歳)は言う。
佐山さんは大腸癌と肝癌を克服した。

それは大いなる謙遜だ。

佐山さんは人間として「賢い」存在だ。

好きなコトをして長生きする。

それを賢いと言わずに何と呼ぶ?

逆に「バカ(アホ)」を定義する。
自力でどうにもならないことを悩む人、

またそれに時間を消費している人。

佐山さんは確実にこの定義から外れる。

渋野日向子(20歳)が優勝した。
ゴルフのメジャー大会での優勝。

時代は変わった。若者がスゴイ!

大先輩の言葉を大切にしてきたそうだ。
女子プロの黎明期に女王と呼ばれた

岡本綾子さんの言葉だ。

「悩むな、考えろ」

悩みと考えを混同している人は案外多い。
何だかんだ言って、みな悩むのが好きだ。

中毒性があるのかもしれない。

止めた方がいい。
ガンになってすぐに死なないためにも…