超常現象

「オシッコが出て仕方ないんですよ」
排尿回数が多すぎると娘に指摘され、
大杉さん(82歳、男性) は来院した。

膀胱炎の可能性もある。

「尿を調べましょう」

2時間経過。
待てど暮らせどオシッコが出ない。

「どうしても出ないんです」
「ホンマに頻尿?貧乳の間違いでは?」

「(ボケは無視され)治ったかな?」

勝手に治ってよかった。
「また困ったら来て」
大杉さんは首をかしげながら、
帰宅。

北川さん(71歳、女性)は動悸が主訴。
「昨日はドキドキして眠れなかった」
「不倫してんの?」

「もう若くないわよ!」

北川さんの夫はうちの患者だ。
夫から
「診療所行って来い!」
と促されて来院した北川さん。

「今どう?」

「憑き物がとれたように治ったわ」

ニコニコで帰ってくれた。
夫の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

「頭が痛くて仕方がない」
小沢さん(26歳女性)はバーベキュー後、
嘔吐した。

吐き気が改善したら今度は頭痛だ。

「どんな風に痛い?ズキンズキン?
それとも、ギューッって感じ?」
「ギューッと締め付けられる感じ」
「バーベキューは何の肉?」
「えっ?」
「牛?豚?鶏?魚?」
「ああ、牛」

「そっちもギューなんやね」

てな話を2~3分したところで
「ところで今痛みどない?」
「あれ?治ってる…」

こんな日もある。
何もしなくても治ってくれる人が
連発する日。

人体とはそんなものなのだろう。
患者さんは治りに来てるのだから。

決して、オカルトや超能力ではない。
何となく音楽的調和がはまる日。

人体もリズム楽器なのだ。

百発百中になる日が来るといいな。

後日談

みな、再発してないそうだ。
よかった。

病を水に流せるか?

利き手でない左手の機能向上に
努めている。
左手をもっと繊細にしたい。
まあ主に楽器演奏が目的だが…

石川さんは79歳の男性。
趣味は渓流釣り、麻雀、水墨画
晩酌も毎日する。

若い頃は会社を経営していた。
イケイケだったそうだ。
徹夜麻雀を3日続けたこともある。
毎日ウイスキーはボトル1本。

本人いわく
「滅茶苦茶してましたよ」

そんな生活が影響したのか。
50代のときに脳卒中を発症した。
右半身の麻痺は今も強く残っている。

バリバリやっていた人ほど
自暴自棄になる。
しかし、石川さんは逆だった。
「まあしゃあない」
と開き直った。

クヨクヨする、という言葉は
石川さんの辞書にはない。

渓流釣りは奥さんが同行し、
餌つけ係を担当している。
最初は虫が苦手だった奥さん。
今は、ミミズもゴカイも楽勝だ。

「卒中やったお陰でむしろ、
前より色々やってません?」
「そうかもしれませんね」
ガハハと笑う石井さん。

済んだことは忘れる。
病も水に流す。
はい次、はい次。
川の流れのように…

へこたれない患者さんから
学ぶことは無限だ。

トラウマ克服法

「トラウマなんです」
という人は多い。

日本でトラウマという言葉が
使われたのは1980年代からだ。

「トラウマ」という言葉を聞くと、
「自分のトラウマは何だろう?」
と反射的に考えてしまう。
80年代以前にそれはなかったのだ。

トラウマという響きは日本語的だ。
覚えやすいゆえに頻用されたか。
これが「フォンフリッヒ」とかだと
「フォンフリッヒなんです」
とはならなかったかもしれない。

トラウマは「心的外傷」と訳される。
心の傷を負ったことのない人はいない、
程度の差こそあれど。

問題は何か?

身体症状や行動制限があるか
ないかが問題なのだ。

トラウマへのアクセスを繰り返す。
思い出す作業を繰り返すことで
記憶が強固になっていく。
勉強して「トラウマ大学」に受かる。
いい喩えではないが…

重層構造になってしまった記憶を
破壊するのは容易ではない。
そうなる前に忘却するクセを
つけることだ。

なぜ、嫌な記憶にアクセス
してしまうのか?
二度目の危険を回避するための
本能なのだろう。

反面、怖い場所に近づきたい
という本能もあるようだ。

ジェットコースター、ホラー映画、
スカイダイビング…

恐怖体験が娯楽になるのは、
生き延びた安堵感だろう。
生命危機の疑似体験と言える。

そこら辺にトラウマを克服する
ヒントがあるかもしれない。

トラウマを客観的に見ることが
できれば、克服したも同然。
あとは優先順位に従って、
人生の重要な用事をこなす。

トラウマと戯れている暇はない。
その状態になるのが理想だ。

祖先は皆、乗り越えてきたのだ。
絶対に大丈夫。