うつは感染症?


子供にお土産を買って帰る。
ちょっと隠したあと
「ジャ~ン!」
と披露したときのこぼれる笑み。
みんな昔はできていた。

喜びの表現が下手な人が多い。
周りががっかりする。

みんな喜び方が足らん!

『疲労がうつを引き起こす機序に
子供のころ感染した「ヘルペス」が
関係しているかもしれない』

慈恵医大の発表だ。

子供のころ感染したヘルペスは、
大人になっても唾液に潜んでいる。
脳に感染すると、あるタンパクを作る。
うつ病とそうでない人の間で
そのタンパクに対する「抗体価」に
有意な差があった。

たしかにそうなんだろう・・・

では、それは「運」だけなのか?
脳に感染するかどうか。
因果はえてして循環している。
うつになったからウイルスが
目覚めたかもしれない。


当院外来で経験したことだ。
今回のコロナ禍で、季節外れの
「帯状疱疹」が増えた。
帯状疱疹もヘルペスの一員だ。

「コロナうつ」が帯状疱疹を
引き起こしだのでは?


そんな仮説を自然と立てている。

いずれにせよ、治療法に光が差す
のは好ましいことだ。

抗体価は数値化することができる。
「嬉し値」や「楽し値」は
数値化できない。

自分のさじ加減次第だ。

「きちんと喜べばうつが治る」
とは科学者として言えない。

しかし、周囲の気分が上がることは
間違いない。
ヘルペス同様「気分」も感染するからだ。

お風呂は身体にイイのか?

スポーツジムに所属している
高齢患者さんは多い。
お風呂が人気のジムがある。
お風呂だけが目的の会員も多い。
一日に二度入る人もいるそうだ。

風呂に入り、食べて、寝る。

その日々を繰り返す。

風呂って身体良いのだろうか?

風呂に入るとよく眠れる。
眠り過ぎてしまう。

いや、もっと寝ていたい。

風呂で疲労するからではないか?
睡眠で取り返さないといけないほど

疲労が溜まるのでは?

確かに風呂は気持ちが良い。
浮力のせいで、身体が軽く感じる。

それも気持ち良さの理由だろう。

温泉地の人たちの寿命が長い。
そう聞いたことがある。
それは、よく寝ているからでは?

睡眠は身体に必要だ(と思う)。
風呂→睡眠に多くの時間をかける。
その間、社会活動はできない。
それでは人生時間を浪費している
ことにはならないか?

風呂業者を稼がせることと入浴会議

はできるか…

今朝なかなか起きれず少し寝坊した。
備忘録。