家でできること(漢方編)


中国でご家族が医師をしている
患者さんからの情報だ。
「日本人と違って、中国人は勝手な
ことをするから、強制が必要だ」

と笑いながら言っていた。

意外とのんびりしているらしい。
中国は広い。
非常事態が報道される湖北省を除くと、
そんな感じのようだ。

自粛報道の効果が出ている。
診療所は静かだ。
むしろ安全な場所になりつつある。

経験的解答のない世界に有識者は弱い。
RT-PCR検査の実施法についても
統一見解がなかなか出ない。
答えのない世界なのだから、少々
強引なリーダーシップも必要だ。

休校措置も一応評価する。
(子供が二人いる。他人事ではない)
臨機応変、軌道修正しながら、
できることからやるしかない。


子供に死者を出すという著しい
イメージ悪化を避けたいのでは?

あるかもしれない。
しかし、感染を広げるのは子供だ。
子供は集団活動をするからだ。
低リスク群とされているが、検査自体が
実施されていないのでわからない。

中国では高齢者が子供の世話をする
意外と無症状の子供が感染媒体に
なっているかもしれない。

とにかく守るべきは高齢者と低免疫患者だ。
しかもこの人たちは通院しないとヤバい。
基礎疾患で死にかねない。
病院所には優先的に来てもらう必要がある。

そうでない人たちは?

「発展途上国旅行中」と思ってほしい。
途上国で医者にかかるか?
少々の問題は自力で解決しようと
するのでは?


臨床経験上の提案をひとつ。
例年冬の風邪であるコロナウイルスや
インフルエンザと長年対峙してきた。
どちらも病初期の治療法は同じ。
発汗を促すことと、漢方薬だ。


どうせ特効薬はないのだ。
インフルエンザは初期に限り、
抗インフルエンザ薬が効くとされて
いるが希望者にしか出していない。
温故知新の医療で主にやってきた。

肺炎に至ったケースもほぼ皆無だ。
毒性は未知数な部分はあるが、
同じRNAウイルスには違いない。
致死率から推測するに、悪性度は低い
とみて間違いない。

適切な初期治療を施せば、
温故知新の医療でいけると確信している。


市販されている薬剤での使用法を記す。
ざっくり、食欲低下に至っていない時期を
「初期」とする。

体力に自信がある人は「麻黄湯」。
自信のない人は「麻黄附子細辛湯」。
一回目は所定の倍量服用する。
二回目以降は所定量を服用する。
とにかく「発汗」を目指すことだ。


食欲が落ちていたり、発病後数日
経過しているときは、とりあえず近医に
電話して事情を説明し、指示に従う。

「補中益気湯」という生薬は全病期を
通じて有効だし、併用してもいい。
食欲も出る。

ちなみに大正7年のスペイン風邪
大流行のときには森道伯医師が
「香蘇散」という漢方で挑み、
成果を出したことが記録されている。

風邪で自宅待機、他に手がないのなら
先人の知恵を信頼、拝借してみるのも
悪くないと思う。


完全にエビデンスがあるわけではない。
懐疑的な人に勧めるつもりもない。
でも対策があると思うだけでも、
不安の軽減になると思い、記した。

鼻水最強説


娘の幼稚園が学級閉鎖になった。
一級上、「年中さん」の組で。
インフルエンザの園児が多いそうだ。

近隣の小中学校の学級閉鎖情報は
ちらほら診療所にも入ってくる。
子どもたちの密集する場所では、
それなりに流行っているようだ。


全国的に、例年流行がピークになる時期
にも関わらず、インフルエンザが静かだ。
「新型コロナウイルス」対策が
インフルエンザ対策にもなっている。

「怪我の功名」(?)ともいえる。

そうこうしているうちに、花粉症の
季節も到来しつつある。
明らかに「花粉症の鼻水」を垂らす
患者さんが出始めている。

患者さんに言った。

「よかったじゃない!」
「何がですか?」
「コロナの予防にもなるでしょ」
「えっ?」


鼻水と咳で花粉を除去しようとする。
コロナウイルスも入る余地がない。
アレルギーとは敵視すべきでない
相手を敵とみなす疾患だ。
ホンマモンの敵にも効くはずだ

そう説明した上で、
「怪我の功名になるかもよ。
薬飲まない方がいいんじゃない?」

患者さんは悩んだ末、
「やっぱり薬下さい」
となる。

まあ、懸命な選択だろう。
エビデンスがないのだから。

『無治療花粉症は肺炎予防に働くか?』

だれも研究材料にしないだろうな…

とは言え、温故知新は侮れない。
昔の子どもたちが鼻を垂らしたままに
していたのは意外と理に適っているかも…

新型コロナウイルス対策その2

夫が中国で医師をしている。
息子が中国で医師をしている。

そういう患者さんが数人いる。
ご本人は日本で暮らしている。

中国では医師の地位が下がってると
以前から聞いていた。

文化大革命以後、中国で宗教心が薄れ、
科学至上主義になった。
治らない現実を受け入れない患者が多くなり、
医師が殺される事件も多発しているそうだ。
割に合わないので、優秀な人材が
医師にならないそうだ。


みな揃って「質が低下している」
と語っている。
「医療ツーリズム」の現状を見ても
さもありなん、だ。

そして驚いたことに、中国の医師は
漢方薬(生薬)を使わないそうだ。

西洋薬オンリーなのだ。
風邪でも何でも…
生薬は漢方医の仕事らしい。

ご存知の方も多いと思うが、
風邪に特効薬は存在しない。

当院では主に漢方薬を出している。
中国の人も喜んで内服している。
むしろリクエストされることも…

日本で「温故知新」を実感する。
「温故知新」も中国由来の言葉だが…

新型コロナウイルスの毒性は
それほど強くなさそうだ。

無症状の感染者が大勢いることが
一つの証拠だ。

中国人は風邪の治し方が下手に
なっているのではないか?

風邪ですむケースを、こじらせて
肺炎になる人が増えたのでは?


風邪は民間医療でどうにかなる。
古き良き民間医療が失われている
可能性は否めないのではないか?

感染研がウイルスの分離に成功した。
遺伝子配列も中国発表と99.9%一致。
変異も認めていないとのことだ。
ワクチン開発も時間の問題だろう。

日本では感染拡大を制御できそうなので、
人権意識だけは忘れないよう行動したい。


もちろん高齢者や免疫の弱い人は注意が
必要なことは言うまでもない。
インフルエンザにならない予防を
しっかりすることで十分だ。