病は母親で治る

君塚さんは70歳男性。
酒好きで治療にも非協力的。
ようやく心が通い出した。
糖尿の数値もみるみる改善してきた。

「素晴らしい!これで生き延びた!」

ホメていると意外な告白をしてきた。
君塚さん曰く一度死んでいるそうだ…

高校時代に大きな事故に遭った。
脳が飛び出ていたそうだ。
救急隊も完全にあきらめていた。
一命は取り留めたが、3年間入院。

その告白に驚いた。
今の姿は日焼けした普通のおっちゃん。
よく見ると少し傷痕がわかる程度だ。

「先生は信じないと思うけど
母親が治してくれたんです」


母は息子を助けたい一心で、
色んなことをしたそうだ。
山に登り、呪術的なお祈りもした。
そして肉断ち、油断ちもした。
生涯に渡ったそうだ。

母親は晩年認知症を患っていた。
それでも味噌汁を食べるときに、
油揚げだけ除けていたそうだ。

その話にはグッときた。

「先生にこんな話は変ですよね」

そんなことはない。
3年の入院は壮絶な事故を物語る。
しかも50年以上前の医療のレベルだ。
母の念は有形無形に働いたはずだ。

「そう言えば、君塚さんの血糖値が
悪い時、寝苦しいんですよ。
お母さんに首絞められてるのかも。
息子治せ~ゆうて」

君塚さんは笑っている。

医学は間違いなく科学だ。
だけど、医療は治ってナンボ。
オカルトでも何でも治ればいい。

頭が割れるように痛い

「最近頭痛があるんです」

今村さん(60歳、女性)は訴えた。

もともと健康な女性だ。
身体所見は全く問題なし。

自覚としての頭痛があるだけ。

経験上、心配いらない頭痛だ。

「秋頃まで様子みましょう」

提案に対し、今村さんは訊いてきた。

「MRI検査しなくていいですか?」

悩ましい質問だ。
はっきり言って必要ない。

少なくとも今回の頭痛に関しては。

但し今回の頭痛と関係ない病気が
見つかる可能性はわからない。

脳腫瘍、動脈瘤、小さな梗塞…

「ヤブヘビ」というやつだ。

今回見つけるべきものではない。

これは検査全般に言えることだ。
検査は常に好ましいわけではない。

検査に治療効果はないのだから。

早期発見が目的なら毎年検査を
受ける必要がある。
それはそれで意味はあるだろうが、

別の話だ。

結局、様子を見ることになった。
なんだかんだ話しているうちに

今村さんの頭痛は消えていた。

まあそんなもんだ。

「ところで息子どう?」

以前、息子も頭痛で通院していた。

「会社辞めて頭痛治りました」

「よかったねえ」

今村さんは苦笑いしながら、

「ニートよ。それが頭痛の種かも…」

消えていた今村さんの頭痛が

復活した。

まあそんなもんだ。

とにかく検査は延期してよかった。
頭痛の種が増えなくてよかった。