水虫という国民病


日本人の約2000万人が糖尿病
もしくは糖尿病疑いである。
実に6人に一人がほぼ糖尿病だ。

糖尿病は症状が出にくい疾患だ。
喉が渇いて水を飲みまくり、
オシッコだらけで医者に来る。

そんな教科書的な状態まで
放置する人は珍しい。

検診などで指摘され、注意し始める。
場合によっては薬を飲むことになる。

糖尿病で怖いのは合併症だ。
その一つに神経障害がある。
痛みや痒みに鈍感になる。
だから傷ができても気づかない。


普段、足の指や足の裏を観察する
習慣がない人は多い。
足に傷ができ、気づいたときには
とんでもない状態になっている。

そんな人がたまにいる。

来院時、親指の骨がむき出しに
なっていた人もいた。
その人は指一本切断するだけで済んだ。
下肢を切らないといけない人もいる。

ちなみに一年間に何人の人が下脚切断を
余儀なくされているか?

毎年3000人を下らないのだ!

切らなければバイキンが身体中を
巡り、命に関わる。
苦渋の切断だ。

ちなみに傷の原因は大半が「水虫」だ。
産まれながらの水虫はいない。
家族や他人に伝染されている。


日本人の4人に一人が水虫と言われている。
保菌者もふくめて。
患者さんを診ている実感にも合っている。

新コロ蔓延にともない、医療従事者への
差別が増えているらしい。

それで閉院したクリニックもある。

現場にいる自分も差別されているのか?
自分も家族も全然平気だ。
差別する側の「窮屈」をむしろ慮る。
しかし、スタッフや、スタッフの
家族のことを考えると悩ましい。

3000人が脚を切断する原因菌の
保有者が3000万人ほどいるのだ。
「伝染さない」が大切なのであって、
「伝染らない」の限界を知った方がいい。


もう伝染っているのかもしれない。
半数は症状がないのだから。
それを「ゼロトラスト」という。

差別している自分が水虫ではないか?

少なくとも医療従事者がストライキを
起こしたら間違いなく国は滅びる。

「明日は我が身」でよろしく。

血は水よりも濃い

浦川さんは74歳女性。
昨年から検診を受け始めた。

「悪い所だらけだと思います。
腹を決めてました」

結果は”特A”だった。

ちなみに浦川さんの母親は
98歳で投薬なし、認知症なし。
遺伝的要素も強そうだ。

これまでの人生、薬もほとんど
飲んだことがないそうだ。

「昨年先生にかけられた言葉を
支えに一年間生きられました」

覚えていない…
どうも、ホメたようだ。

「血を抜くのは最小限でお願いします」
「血液ってどれだけあるか知ってる?」
「いえ、知りません」
「大体、体重の8%ほどなんですよ。
体重40kgだから3リットルちょいね。
検診で抜くのは5cc弱。誤差やね」

浦川さんの検診結果は今年も
”特A”だった。

神経質ゆえ危険に挑戦しない。
だからきっと長生きするだろう。
楽しいかどうかは知らないが…

薬がキク~ッ!

早い話が
黙って薬を飲みなさい
ということだ。

白川さんは73歳女子。
コレステロールと中性脂肪が高い。

肥満が改善すれば治るだろう。

残念ながら50年ほど肥満している。
しかも進行性だ。

「肥満という快適領域」の住人だ。

検診で指摘され、当院へ来た。
薬を飲むとことに同意した。

しかし、きちんと飲まない…

「ホントは飲まない方がいいのよねえ」
この期に及んでいさぎ良くない。

頑なに薬を飲みたがらない人がいる。

高脂血症、高血圧、糖尿病。
生活習慣病と呼ばれる疾患だ。

症状として、痛みも痒みもない。

患者さんは大抵「すぐに効く」が欲しい。
本音は「明日痩せたい」なのだ。

変化が見えなければ動機は弱い。

生活習慣病を抱えている人は
「崖までの暗い道を歩いている」
とよくたとえられる。

落ちたら人生は180度変わる。

腎不全、脳卒中、心筋梗塞…
大病を予防するために飲むのだ。

医療の発達に感謝すべきでは?

何も起こらないまま生を全うする人もいる。

医師は「確率」の話しかできない。

食生活の改善、運動を増やす。
理想はみんな知っている。

それがままならないから医者に来ている。

「薬飲めばいいじゃん!」

人生楽しまなきゃ損!
薬を飲んでほどほどに美味いモノを食う。

世の中美味いモノも多い。
炎天下で身体を動かすことこそ毒だ。
機が熟したら、腹4分にすればいい。

好きに身体を動かせばいい。

薬が存在することに感謝すべきだ。
とにかく定期的に受診してほしい。
エエ感じに「洗脳」されれば、白川さんは

薬を卒業できるかもしれない。

最後に白川さんにメッセージを渡した。
「薬は嫌いになっても
原田医師のことは
嫌いにならないでください」
アレ?どこかで事聞いたことあるな…