100年分の打ち上げ



2018年ロケット打ち上げ数128機

そのおカネはどこから?
民間資金が主流だ。

「データマネー」と呼ばれるらしい。

人工衛星が生み出す膨大なデータ。
それが欲しくて仕方がないのだ。
「情報は未来の石油」と言われて久しい。
現代、価値あるエネルギーは「情報」だ。

話は変わる。
兄弟分の会社の100周年に招待された。
大正8年創業。
先々代は兄弟分の祖父だ。

世界展開している電気設備の会社だ。

宴会終盤、全支社の映像が順番に流れた。
(ちなみにBGMは『栄光の架け橋』)
1,000人を超える社員の働く姿。
ほとんどが技術職人だ。
「これが人間の顔やな」
誇らしい職人の顔を見て考えさせられた。

仕事とは?

情報の価値は確かに膨大になっている。
価値はこれからも上がり続けるだろう。
しかし、テレパシーでは流通しない。
インフラ整備する職人の仕事。
この世はすべて誰かの仕事で出来ている!
それを実感するパーティーだった。

会の途中、不覚にもウルっときた。
シラフだったのに…
次の200年へ!
おめでとう、兄弟!

栄光の架け橋2

竹下さんがパラリンピックに挑戦するそうだ。
竹下さんはブログ登場回数最多だ。
理学療法士から提案されたそうだ。
ツッコミたい部分も少しあるが、イイと思う!
前回より明らかに良くなっている!
前回登場のブログは『栄光の架け橋』。
偶然だろうけど因縁を感じる…

7月に娘の結婚式がある。
新宿の外資系有名ホテルだ。
「今どき豪華ですねえ!」
「娘のだんながパティシエなのよ。
ずっと憧れてたんだって」
いつか働きたいそうだ。
その夢はきっと叶うだろう。
けた違いの授業料を払うのだから…

新宿までは電車で行かねばならない。
電動車椅子を乗せる乗用車がないからだ。
せっせと電車の練習をしているらしい。

女手ひとつで育ててきた一人娘の晴舞台。
一層リハビリが進むことは間違いない。
新郎に『栄光の架け橋』歌わせるか!

 

→これも怪我の功名?
→シャイは治らない?
→生涯の友との再会
→栄光の架け橋