熟年カップル誕生?

卓球部が盛り上がっている。
患者さんのサークル活動だ。
他にも、朗読部、ダンス部、
写真部…色々ある。

卓球のあとはカラオケ。
体育系と文化系でバランスもいい。

84歳の田無さんは卓球は初めて。
それでも上達が著しいそうだ。

田無さんは社交ダンスをしていた。
ダンスも高齢になってから始めた。
ダンスは覚えることが多い。
できなかったことができるようになる
体験をしているのは大きい。

新しいことを始めるには勇気が必要だ。
自分で「無理」と決めつける。
新しいことを始められない理由の
大半は先入観だ。

つくづく感じる。
成功体験は重要だ。

75歳の荒川さんは昨年妻を亡くした。
69歳の横井さんは昨年夫を亡くした。
卓球を始めて2人とも明るくなった。
検査データも劇的に改善している。

(自称)カップリングに定評のある
主治医は二人を焚き付けている。
「一緒になれば?」
二人ともまんざらでもない様子だ。

先日、荒川さんが風邪をこじらせた。
横井さんは一生懸命看病したそうだ。
荒川さんはうつ気味な横井さんを
いつも笑わせている。

いいと思う。
新しい関係性を始めるのも
間違いなく素晴らしい。
相手がいなければ一人にさえ
なれないのだから。

正義の暴走

「捏造」「改ざん」
この文字を見ない日がない。

「STAP細胞」以後からではないか?

時代の寵児として注目された著者。
能力と関係のない部分でも話題に
なった(割烹着、ルックス…)。
研究は再現性の疑わしいものだった。

挙句の果ての「はしご」の外し方。
こういう風に人を潰すんや…
自殺者まで出す追い込み方。
社会のヒステリーは今も変わらない。
そう感じるのは自分だけか?

話は少しそれるが、
「死んで詫びろ」「一人で死ね」
どんな理由であれ、自死を容認する社会。
安楽死も尊厳死も議論できない。
詳細は別の機会に譲る。

著者が朗読もしているとのこと。
読むか聴くか?
聴く臨場感も捨てがたい。
次回作は自分も朗読しよう。