スナックのママ


右柳さん(80歳女性)はスナックのママ。
https://oneloveclinic.tokyo/blog/oneloveclinic/%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%9E%ef%bc%a0%E6%B5%85%E8%8D%89?fbclid=IwAR0uY1hKYyBr9Anfzws7FZHtei05ATAxL-NdLq106r06T8sfwbtUKStT35Y
2週間休んでいる。
人生初の休業期間だ。

「頭がおかしくなりそうよ」
たしかにいつもと様子が違う。
この歳での急激な変化はキツイ。

「店やればいいやん?」
「警察が3回も来たのよ」

近所に通報されたらしい・・・

通報されると警察も来るしかない。
「コロナで一人もいやしないわよ!」
ママと2名の警官のみの店内で
ママの怒鳴り声が響き渡った。
警官たちは恐縮して帰って行った。

「コロナ持ってくるな、って言えば?」
警官が無症候性感染者かもしれない。
そう助言したら
「勉強になったわ。次からそう言うわ」
と空虚な表情のママ・・・

新規感染者もグッと減り、終息しそうだ。
だが、なぜか心が晴れてこない。
それは院内感染や施設内感染の問題が
残っているからだけではない。
人間のイヤな心に触れる度に、
残像が頭から離れないからだ。


コロナピンチは美談より、醜談の方が
聞こえてきたのはこちらのせいか?
それもこれから検証が必要だ。