ロックダウンのその前に


情報という言葉に「情」という
字が入っていることに気づいた。

元来「感情を報(しら)せる」
という意味だったのだろうか。

「早くロックダウンしろ!」
そういう論調が目に入るのは
こちらが意識し過ぎているせいか?

著名人の感染や、子供の感染には
やはり、みな動揺する。
感情むき出しの「ベタ」な情報が
飛び交うことになる。


少なくとも「一律休校措置」は
感染拡大を防がなかった。
ロックダウンは時間稼ぎにはなるが、
その間の副作用は「未知の世界」だ。

アメリカでは銃が飛ぶように売れている。
フランスではDVが多発していると
友人から聞いた。
人はウイルスだけで死ぬわけではない。
カネでも暴力でも思い込みでも死ぬ。

傍観者然して講釈垂れても仕方がない。
対案を出す。

現状の感染拡大の最大要因は院内感染だ。
逆に言えば、多くの医療従事者が
感染していることがわかっている。
しかも彼らは仕事をできていた。
陽性ではあるが軽症か無症状なわけだ。

では、一斉に施設に集めてはどうか?
他の軽症患者と一緒に。


場所は病院以外の施設を利用する。
地域のホテルを利用すればよい。
もちろん国がホテル代は保証する。
医療従事者と一緒にいるなら患者も安心だ。

基本的には安静にしているだけだから、
それほど消耗しない。

発覚している病院は氷山の一角だ。
他の病院でも必ず潜在感染者はいる。

そこで医療従事者に一斉に
抗体検査を実施する。

陽性者は安心して仕事ができる。
重症対応できるスキルのある人は
そのまま自信を持って勤務する。

スキルのない人は現行の医療を継続
しつつ、感染対応のヘルプをする。
外来のみ、もしくは軽症対応でもいい。

医者は30万人看護師130万人いる。
勤務から離れている人でも
仕分けくらいできるはずだ。


とにかく医療崩壊してしまったら、
ロックダウンもクソもない。

力をあわせるしかない。
治癒した人から順に免疫保有者だ。

この手は非常に有効だと思うのだが。

ロックダウンすると移動できなくなる。
幻のアイデアになりませんように・・・

思い込みとレッテルと盲点


冷や汗が出る経験をした。
「光の三原色は?」
との質問に
「赤、青、黄」
と答えてしまった。

思い込んでいた・・・

正解は「赤、緑、青」なんですね。
確かに「RGB」だったな。
光と色の三原色は違うのだ!?

ちなみに正確には、色の三原色も
「赤、青、黄」ではないらしい。
「赤紫、青緑、黄」なのだそう。
マジェンタとレッド、シアンとブルー
は違う色なのだ。

「思い込み」は恥をかくし、
「レッテル」は見誤る。


志村けんが亡くなった。
世代的に、一方ならぬ思いはある。
しかし、立場上あまり感情を
表明しないようにしている。
今は自分の感情はどうでもいいからだ。

SNSを見ていると、驚くほどみな
悲しみや哀しみを表明している。

「他者への共感」は大切な能力だ。
他方「情動伝染」という性質もある。
「憎しみ」や「恨み」のような
強い感情に進展することもある。


志村さん死因はウイルスだけか?

飲酒や独居だったことも関係している。
以前にも風邪をこじらせて肺炎をした
ことがあるそうだ。

もともと肝臓に持病があったそうだ。
個人情報なので不詳だが、医師としては
何となく思うところがある。

直前に胃ポリープを切除している。
術前術後のストレスも大きかっただろう。

何より、芸能界で地位を築いたことで、
もう満足していたのかもしれない。

「死」はそんなに単純にやってこない。

「新型コロナウイルスは恐ろしい」
という思い込みは心身ともに健康に悪い。

色の知識不足は恥を書く程度で済むが、
死に対する盲点は社会悪を産み出す。
自戒をこめて。

父と娘とコロナ


安田さんは81歳男性。
TVやCMにエキストラとして
出演する芸能事務所に入っている。

この年齢の男性にしては珍しく、
日本舞踊や唄も頑張っている。
シュッとしてるし、女性にも
モテるだろうと思う。

独居だが健康への意識も高い。
「安田さんは偉いね。お手本ですよ」
「娘に会う日まで頑張ってるんです」

涙ぐむ安田さん。

安田さんは30年前に妻と離婚した。
それ以来、娘とも会っていない。
再会のその日にカッコいい父でいたい。
涙ぐましい努力をしているわけだ。

「OK、協力しますよ!」
人情医師は安田さんの健気さに
絆(ほだ)された。
定期的に調べ、とびきり良い薬を
出してあげている。

そんな安田さん、こないだの
日曜日に救急搬送された。

めまいが強かったので自ら救急要請した。
一通り検査をし、異常なし。
無事に帰宅した。

4日後当院を外来受診し、話を聞いた。
「翌日には来なきゃ!独りなんだから」
心配して言った。
なぜか安田さんはニヤニヤしている。
「そう思っていたんですが・・・」
と嬉しそうに語り始めた。

搬送された安田さんを心配した弟が、
安田さんの娘に連絡したそうだ。
(最期になるかもしれない)
そう思ったのかも知れない。
娘から連絡があったのだ!

30年ぶりの父娘は会話をした。
「大丈夫なの?」
「大丈夫だよ。お前こそ元気か?」

なんて会話があったのだろう。
主治医に報告する安田さんは
嬉しさで涙ぐんでいた。

昨日も娘から電話があったそうだ。
安田さんが搬送された病院は
院内感染が話題の区の中核病院だ!
「お父さん本当に大丈夫なの?」

30年ぶりに娘に心配をかける父親。
主治医ももらい泣きしそうになりながら
安田さんに言った。
「よかったねえ。これで死ねるね」
うん、うん、うなづく安田さん。

アカンアカン、人生はこれからだ。
コロナウイルス様様だ。
世の中には「怪我の功名」しかない。