人気出てきた?


朝から赤ん坊を抱いた人たちが
診療所の前で並んでいる。

内科しか標榜していないうちでは
珍しい光景だ。

「なんで?」
ナースに訊いた。
「小児科が発熱を診ないそうです。
あそこなら診てくれるからって」

ズッコケた。

9時半から在宅を廻らないといけない。
11ヶ月児一人だけ診察して勘弁願った。

午後の外来で来た39歳介護職の男性。
38度近い発熱状態で入ってきた。

「熱あるんなら連絡してよ。
貼り紙もあるやろ!
君も高齢者相手の仕事やろ!」

久々に患者さんを叱った。
幸いコロナではなさそうだが。

聴くと、近隣の診療所に断られ。
うちに行くように指示されたと。
誘導した診療所も連絡してこいよ!

夫が医師をしているナースの話だ。
夫がパート先から日給を減らして
ほしいとお願いされたそうだ。
患者激減で経営がままならない。
医師も売り手市場ではなくなっている。

オンライン診療が流行ってきている。
こうなると「軍人将棋」が始まる。
有数の名門大学出身の医師だけの
世界になっていくだろう。
オンラインで食える医師は限定される。

医者は人気商売だ。
いや、すべての経済の指標は「人気」だ。
自分が人気があると言いたいのではない。
人の「気を惹く」努力をしているのだ。
他で嫌がられた患者の気を惹いている。

コロナで患者が減ったとか愚痴る前に
やるべきことは山ほどあるはず。

都内感染近況報告


「暇だし、やることないわよ」
水野さん74歳の女性。
クリーニング屋を手伝っている。

テレワーク、外出自粛、集会中止・・・
一張羅を着ていく機会がなくなれば、
クリーニング屋は暇になる。

もっぱら、たまの来客を捕まえては
雑談の相手をさせているそうだ。

全国的に感染者が増えている。
感染者と言っても実態がよくわからない。
良い話と悪い話を医療現場から
お伝えしよう。

まずは良い話。

連日東京で200人以上の新規感染者。
けれど、東京都のコロナ感染者で
重傷者はたったの5人だ。

1200万人の東京で重症5人は
奇跡のような数字だ。

夏風邪でもこじらせて
肺炎になる人はいる。
そのレベルだ。

次に悪い話。

PCR検査が滞り始めた。
断られるケースが出てきた。
会食した人が3人発症したケースなのに
濃厚接触と認定されず拒まれた。

1週間待ちのケースもあるそうだ。

この流れには一抹の不安を感じる。
院内感染や施設内感染も各地で
勃発している。

発生源が職員であるケースも多い。

とにかく夏風邪は若者は死なない。

自然死に近い死であっても院内感染は
イメージが悪い。
院内感染対策で病院が消耗すると
通常の医療も逼迫する。

また医療崩壊だ、と騒ぎ出す。

もしPCR資源に限界があるのなら
高齢者相手の職員を優先的に検査する
などの工夫が必要だ。

真面目なブログだった・・・

コロナバブル?


アメリカのコロナ死者数が衝撃的だ。

アメリカの人口は3億2775万人。
新型コロナ感染者は311万人超、
死者数13.3万人。

日本の人口の3倍に満たない国で
150倍感染し、65倍死んでいる。

さすがにトランプ大統領も心中は
穏やかではないはずだ。

そんな中、アメリカ富裕層の資産が
増えている。
60兆円以上資産を増やしたらしい。
多くの富裕層が「コロナバブル」で
儲けているそうだ。

戦争で儲け、感染症で儲ける。

話は変わる。

マスクの品薄が報道された時期、
下町のマスクは華やいだ。
手ぬぐいやハンカチを使った
自家製マスクが乱舞した。
自分も外出時は、もっぱら患者さんの
手作りマスクを着けている。

斎藤さん(72歳男性)は刺繍職人。
さすがプロ!
クールな刺繍のマスクを作ってくれた。

今仕事が楽しくて仕方がないそうだ。
遊び心のマスク刺繍が評判は、ついに
AKB48にまで届いた!

高級マスクの刺繍を請け負っている。

「全然安い仕事なんだけどね」
裏話を聞いたが、確かに高級マスクに
釣り合わない報酬だ。
だけど全然構わないそうだ。

「仕事しながら死にたい」
斎藤さんはそうカッコをつける。
「このご時世に儲けちゃあバチが当たるよ」
どこかの国の金持ち連中に聞かせてやりたい。