毒ですよ!

早い話が
そんなに感染がイヤなら旅行するな
ということだ。

「家にあったクスリを飲みました」
31歳男性飲食店勤務。

「何ていうクスリ?」
「ちょっとわかりません」
「家族はなんでそのクスリもらったの?」
「風邪です」

「君は下痢でしょ?全然ちゃうやん?」

コントではない…

医師しか出せないクスリは怖い。

ましてや、弱っているときだ。

肝炎、胃潰瘍、腎障害…

クスリに副作用があるのは皆知っている。

普段だと極力クスリを飲みたがらない。
なのに、わからないクスリを平気で飲む。

やはり「病」は IQ を下げるのか?

海外で発症した感染症の重症化が

問題になっている。

渡航先で風邪や下痢を発症する。
常備薬として携帯した抗菌剤を飲む。

中途半端な使用で耐性菌ができる。

耐性菌はその名の通り抗菌剤に耐える。
つまり抗菌剤が効かない。
高齢者や抵抗力の弱い人に直撃する。

治す抗菌剤がないのでヘタしたら死ぬ。

非常に罪深いと言わざるを得ない。
旅行用に医師が処方するとは考えにくい。
余ったクスリを持っていくのだろう。
絶対に止めてほしい!

旅行先に持っていくクスリを相談される。
2種類だけ、常備薬として出してあげる。
本当は保険医療上あまりよろしくない。

ちゃんと説明すると長くなる。
別の機会に書くことにする。

病み上がりの誕生日

早い話が
医療従事者は俳優でなければいけない
ということだ。

本日1歳の誕生日を迎える息子。
39度台の熱が続いていた。
身体中から濁音、笛のような音。
発し続けている。
「肺炎」もしくは極めて近い状態だ。
いつもの笑顔はなし。間欠的に号泣。

大食漢が全然食べない。

上の子は4歳になる。
これまで一度も飲んでいない。
信頼できる医師の報告も背中を押す。

苦悶の我が子。

冷静でいられる親はいない。
妻の表情も当然曇る。
「大丈夫。みんな通る道やから」
落ち着くよう、うながす。
息子にとってラッキーなのは…
まだ「不安・心配」という概念がない!

正味「病の苦しさ」だけだ。

 

病によってもたらされる不安や心配。
(いつまで続くのだろうか?)
(大きな病気が隠れているのでは?)

つまり幻想が苦しみを助長する。

 

「不安」という感情を子供に教えるのは?
ほどんどの場合「親」だ!
気持ちはわかる。
だが、事故らないために冷静さが必要だ。
自分の母親や先輩に訊く。
信頼できる医療機関に直接電話する。
リアルな症状をプロに伝えた方がいい。

素人がネットを見ると、症状が増える!

 

とにかく息子は根性で治した。

逞しく育つだろう。

妻は医師の夫を見直しているようだ。
でもね…
小児科医ではないのだ。
平静を装うのは大変だ。
演技派の俳優でよかった。
治ってくれるまで安堵できない。
それは患者さんでも息子でも同じだ。
今晩はケーキを食べさせてやろう。
頑張ったご褒美に…