インフルエンザ様

「冬は忙しいでしょ?」
「”かきいれ時” ですからね」

往診患者さんを前に、
不謹慎な物言いを反省…

寒くなると血圧も上がる。
外出も減り、食事量が増える。
太ると血糖値も上がる。

脳卒中や心筋梗塞も増える。

特に、呼吸器感染症だ。
風邪に始まり、気管支炎、肺炎。
最近は年がら年中の印象もあるが、

やはり冬は風邪が多い。

日本は「インフルエンザ大国」と
揶揄される。

大げさに取り扱い過ぎだ、と。

よく言えば、他人に迷惑を
かけないように心がける

文化・風習と言えなくもない。

39度に発熱した患者さんが来る。
インフルエンザ検査をする。
「検査結果は陰性です」

「よかったあ!」

逆だ…
インフルではないのに39度!?

熱が出る病はゴマンとある。
エボラ出血熱だったらどうする?
インフルなら2~3日で治るけど。
治療法のない感染症や

未知のウイルスだったら?

このまま死ぬまで39度だったら?

確率は極めて低いが…

いずれにしても冬は忙しい。
既に風邪は多く、連日満員だ。
ウイルスも医療機関の経済には

貢献している。

またまた不謹慎と叱られるか…

うちの診療所は自分を含め、
全員が従業員。
多忙でもインセンティブなし。
それでも楽しく仕事をする
全スタッフが誇らしい。

毒ですよ!

早い話が
そんなに感染がイヤなら旅行するな
ということだ。

「家にあったクスリを飲みました」
31歳男性飲食店勤務。

「何ていうクスリ?」
「ちょっとわかりません」
「家族はなんでそのクスリもらったの?」
「風邪です」

「君は下痢でしょ?全然ちゃうやん?」

コントではない…

医師しか出せないクスリは怖い。

ましてや、弱っているときだ。

肝炎、胃潰瘍、腎障害…

クスリに副作用があるのは皆知っている。

普段だと極力クスリを飲みたがらない。
なのに、わからないクスリを平気で飲む。

やはり「病」は IQ を下げるのか?

海外で発症した感染症の重症化が

問題になっている。

渡航先で風邪や下痢を発症する。
常備薬として携帯した抗菌剤を飲む。

中途半端な使用で耐性菌ができる。

耐性菌はその名の通り抗菌剤に耐える。
つまり抗菌剤が効かない。
高齢者や抵抗力の弱い人に直撃する。

治す抗菌剤がないのでヘタしたら死ぬ。

非常に罪深いと言わざるを得ない。
旅行用に医師が処方するとは考えにくい。
余ったクスリを持っていくのだろう。
絶対に止めてほしい!

旅行先に持っていくクスリを相談される。
2種類だけ、常備薬として出してあげる。
本当は保険医療上あまりよろしくない。

ちゃんと説明すると長くなる。
別の機会に書くことにする。