コロナ第一波の総括


世界各国でコロナウイルスの
抗体保有率が発表されている。
欧州やロシアでは10~20%に
達する国もある。

日本でも、大学や研究機関、
企業が発表している。
大体1~10%の間と低めだ。

新型コロナウイルスの感染は
コミュニティに偏りがある。
日本で検査を受けるような人は
実態を反映していないと思う。

つまり、もっと「かかって」いる。

逆に少なくとも1%は感染している。
とすれば最低100万人となる。
これは1万人超という感染発表と
大きく乖離している。
100人に一人しか把握できていない。

亡くなったのは1000人弱。
つまり、感染者1000人に一人が
亡くなる感染症だということだ。
1000人かかって999人が治る。

死者の約9割が高齢者だから、
若者は心配すらしてはいけない。
高齢者や病弱な人だけ守るべきだ。

遺伝子型からアジア株と欧州株の
違いがあるのは間違いない。
欧州株は致死率が高く、
毒性が強そうだ。

第二波が欧州株でも大丈夫?

おろらく大丈夫だ。
欧州での研究論文が集積している。
欧州株も「唾液対策」が重要だ。
屋内マスク、手洗い、うがいを
うまくやればほぼ問題ない。


日本の湿度の高さも有利だ。
湿度そこそこに換気。
矛盾する要素だが、冷房のかかる
室内は乾燥するので、定期的に
窓を開けることが有効だ。

上述したことは第一波の経験で
ほぼ身についているはず。

重要なことは第一波のときのように
人生時間をムダに過ごさないことだ。
不安で何もできず半年加齢した。
後半戦は取り返さねば。
https://toyokeizai.net/articles/-/355895

新コロリンピック


新庄さんの娘はバリ島で
カラオケバーを経営している。

新庄さん夫婦は手伝いをしに、
足繁くバリ島に通っていた。

コロナ問題が発生し、2月帰国を
最後に娘の元に行けなくなった。

バリ島では今回のウイルスは日本人が
持ち込んだと疑われているらしい。

PCRはもちろん、隔離2週間後
血液検査まで行われる。
一体何を調べているのか?
抗体価を調べているのか?
そんなことがバリ島で可能なのか?


ケニアからの帰国者の話だ。
ケニアでは、ナースでさえ、正しい
マスクの着け方を教育されていない
とのことだ。

恐怖を感じて命からがら帰国した。

今回のコロナ禍、各国の対応は
バラエティ豊かだ。
文化、経済状況、ポリシー、教育レベル、
国によって特色は違う。

だからやむを得ないのかもしれない。

科学も本当の「正解」が出せていない。
正解に近い科学があったとしても、
導入できるかどうかは別問題だ。
導入できるのなら、飢餓問題はとっくに
科学的に解決しているはずだ!


ただし、死への恐怖は各国共通だ。
だから、どの国も持ってるスペックで
全力を尽くしている状態だ。

話は替わる。

平和の祭典が中止(延期?)になった。
世界のアスリートたちが自分の技術を
競い合う機会を失った。
世界が感動する機会を失った。

コロナへの対策を競い合ってはどうか?

五輪のメイン種目は25競技らしい。
感染制御方法、ワクチン、特効薬開発、
精度の高い検査法・・・
25分野くらいすぐに作れる。


五輪のロゴは五大陸を表している。
ウイルスも五大陸に広がった。

アスリートたちは、経済格差や気候条件、
体格や体質の差などの不平等を乗り越え、
高い技術を表現する。
そこに感動が生まれる。

感染症対策も国間でスペックが違う。
その中で、各自工夫している。
日本でも、百均やポリ袋が大活躍している。
その現状に文句を言うのではなく、
みな必死で工夫している。

感染症への恐怖は世界共通だ。
アスリートの高度な技術への感動も
世界共通だ。
躰を使って、限界に挑戦するのも
ある意味共通だ。


世界が競い合って危機を乗り越えれば、
世界中で感動できる。
何より、「治り甲斐」「治し甲斐」が
一層増すのではないか。


オリンピックの理念である
「平和でよりよい世界の実現」
に近づく行為だと思うのだが。

コロナのたらい回し


朝一番、珈琲豆の香りを味わう。
(香りを味わえる日本語は素晴らしい。
ちなみにコーヒーより珈琲が好きだ)
新コロ騒ぎのお陰で幸せ度が上がった!

味覚も嗅覚もなくなっている
友人女性から相談を受けた。

実は1週間前からだるさと頭痛、
軽度の咳で相談されていた。

臨床症状から強く疑われる。
地元の町医者にも断れたそうだ。
PCR検査で診断するしかない。
本人に話を聴いても、らちがあかない
ので、彼女の区の保健所に電話した。

つながらない電話に何度もかけ、
ようやくつながるもたらい回し。
その度に自己紹介から始める。
区の中核病院「コロナ外来」を
紹介された。

「医師から直接検査依頼して下さい」
と。

直接病院にかけ、これまでの経過を話す。
もちろん紹介状は完成させている。
先方での話し合いの結果
「保健所から依頼してもらわないと
検査できません」


なんだったんだ、この時間は!
そして、なんのラリーだ!?

再度保健所に問いただすと
「自分らもよくわからない。
こんな相談ばかりなんです」

優先順位があり、濃厚接触があきらか
ではない彼女は後回しになる、らしい。

「患者さん死んだらどうすんの?」
「でも皆さん待ってるんで・・・」

逆ギレならぬ居直りだ。

逆に言うと、こんな杜撰なシステムで
これだけの死者しか出ていない

と言えなくもないが・・・
PCR検査数が増えないわけだ。

最初に検査を増やさない方針で
進んだら、そのままの硬直システムだ。

台東区は動いた。
検査が柔軟になった。
区議に働きかけたのも少しは効いたか?

少し遠いが、友人を当院に来させ、
レントゲンを撮り、検査に回す流れに
誘導した。

友人のような患者は自宅待機で
どんどん悪くなるかもしれない。
こんな悲惨な現状が新コロ医療を
疲弊させているのだ、と構造が見えた。

町の先生方!頑張りましょう!
なんとか断らないシステムを作って
患者さんを救いましょう!


感染制御の信頼を作り、患者さんの
不安解消に努める必要がある。
その努力は必ず将来の信用につながる。

地域の理解も必要だ。
「明日は我が身」
診てくれるところがないのは悲惨だ。

https://mainichi.jp/articles/20200408/k00/00m/040/334000c?fbclid=IwAR1tZSKJ4ZsomhmRSLZ9jTrsZEtuVpCJOKklGFIQQ2odkrmoyi-cOhtS21s