マスクした方がいいんだろうけど・・・


「みんなマスクでしょ?聞こえないのよね」
井田さん(72歳女性)は難聴だ。

井田さんの難聴は「感音性難聴」
と言って、治療が難しいタイプだ。
新型コロナウイルスの弊害は
こんな形でも現れている。

その上、花粉症のマスクだ。

自分は診療中にマスクをつけない。

理由は3つある。
耳が悪い患者さんが多いこと。
マスクは発声にも聴き取りにも邪魔だ。

2つ目は、顔を覚えてほしいから。
「先生の顔が浮かんだのよ」
生活習慣改善に少しは役立つようだ。
「あの先生だったらどうする?」
自分にも、いまだに頭に浮かぶ
研修医時代の指導医がいる。

現段階では、マスクの感染予防効果は薄い
というデータを支持している。
それが3つ目の理由だ。
もちろん感染源になるのはまずいので
自分に症状があるときはマスクする。

将来、邪魔にならずに、有効なマスクが
出てくれば態度を変えるかもしれない。
今は、しないメリットが上回っている。
賛否両論あるのは承知の上だ。

マスクをする習慣のある人は、せめて
大きな声ではっきり喋ってあげてほしい。

しっかり息を吐けば、感染予防にもなる
かもしれない。
エエ声になり、歌が上手くなるかも。

そうなれば、「怪我の功名」だ。
いや、「棚からぼたもち」か・・・

新型コロナウイルスその3


野口さんは75歳女性。
やや高い血糖値のフォローで
数ヶ月に一度受診する。
よく運動もし、順調だ。

「5月にダイヤモンド・プリンセスに乗る
予定だったんですよ。キャンセルしました。
危ないところだったわ」
「5月には落ち着いてるでしょ。
クルーザー会社助けてあげんと」


会社が無くなる可能性は高いが…

熟年夫婦旅行がほとんどだろう。
(今乗ってたら…)
ゾッとする気持はわかる。
不安をなだめるため、丁寧に
診察してあげた。

中田さんも75歳女性。
ホテルでメイドをしている。

「今朝突然仕事に来ないでって」

新型コロナの影響でキャンセル続出。
それにしても、当日になって
「来なくていい」はひどい。
立場が弱いので従うしかない。

「おかげで早く来れたから安心よ」
中田さんは前向きだ。
ご褒美として、いつもより念入りに
診察してあげた。

感染症流行も自然災害の一種だ。
オーストラリアの火災も数十年ぶりの
豪雨でようやく鎮火した。
大きな力には、人間は到底敵わない。

1mmの百万分の一サイズのウイルスが
間接的に人生に噛みつく。

アホにならずに、冷徹にそして明るく
「怪我の功名」を期待するしかない。

鼻水最強説


娘の幼稚園が学級閉鎖になった。
一級上、「年中さん」の組で。
インフルエンザの園児が多いそうだ。

近隣の小中学校の学級閉鎖情報は
ちらほら診療所にも入ってくる。
子どもたちの密集する場所では、
それなりに流行っているようだ。


全国的に、例年流行がピークになる時期
にも関わらず、インフルエンザが静かだ。
「新型コロナウイルス」対策が
インフルエンザ対策にもなっている。

「怪我の功名」(?)ともいえる。

そうこうしているうちに、花粉症の
季節も到来しつつある。
明らかに「花粉症の鼻水」を垂らす
患者さんが出始めている。

患者さんに言った。

「よかったじゃない!」
「何がですか?」
「コロナの予防にもなるでしょ」
「えっ?」


鼻水と咳で花粉を除去しようとする。
コロナウイルスも入る余地がない。
アレルギーとは敵視すべきでない
相手を敵とみなす疾患だ。
ホンマモンの敵にも効くはずだ

そう説明した上で、
「怪我の功名になるかもよ。
薬飲まない方がいいんじゃない?」

患者さんは悩んだ末、
「やっぱり薬下さい」
となる。

まあ、懸命な選択だろう。
エビデンスがないのだから。

『無治療花粉症は肺炎予防に働くか?』

だれも研究材料にしないだろうな…

とは言え、温故知新は侮れない。
昔の子どもたちが鼻を垂らしたままに
していたのは意外と理に適っているかも…