お尻だって洗ってほしい


父は新しいモノが好きだった。
1980年に最長30分しか録れない
ビデオを持っている家は少なかった。
散々、家族で志村けんの「バカ殿」を
観て腹を抱えた記憶は鮮明だ。

ウオシュレットがやってきたのは
1981年、これも早かった。
「お尻だって洗ってほしい」
糸井重里のコピーが大当たりする
少し前だったようだ。

自分にはウオシュレットがノーマルだ。

学生時代アジアやインドを旅した。
ウオシュレットは見かけないものの
お尻を洗う文化を持つ国が多かった。

インドには必ず水がある。
ベトナムにはシャワーがあった。

欧米でウオシュレットが今頃売れている。
そういえばアメリカでウオシュレットを
見たことがない。
むしろトイレの汚さに辟易したものだ。

コロナは糞便中に多く含まれることが
わかった。
トイレが見直されている。
欧米のニューノーマルになるのか?
実に40年かかったわけだ。

コロナの感染率や致死率と生活様式の
関係性が検証されている。

素手で食べる文化といい、トイレの
文化といいアジアとは多いに違う。

差別したいわけではないが、
同じ人間なのだろうか?
違いをしっかり認識した上で共存する
道を本気で探す必要がありそうだ。

性格悪い人たち

https://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/20200505/3080003753.html

痛ましく、可哀そうな事件だ。
自分の息子でもおかしくない年齢。
親御さんやご友人にとっては
悪夢のGWになったことだろう。

この少年の行動を叩く人がいるらしい。
「自業自得」「自己責任」と。
少なくないそうだ。

国民のストレスも限界なのだろう。
そういう気持ちになる人たちに
むしろ憐みをおぼえる。

屋外での感染例はほとんどない。
権威のある医学誌に載った報告だ。
だから「三密」という摩訶不思議な
言葉を生み出したのだろう。
ウイルスの感染力も増していない。

医師として科学者としてはっきり言う。

サーフィンもBBQも問題なし!
家で悪口言ってる人!
アナタこそ感染したらすぐに死ぬよ!
川に行ってBBQした方がいい!
気分も晴れる!
川の水で手洗いだけしっかりね。


志村けんの死に泣いた国民が
短期間でこうも変化するのか。
性格が悪くなるのも感染するのか?

思い込みとレッテルと盲点


冷や汗が出る経験をした。
「光の三原色は?」
との質問に
「赤、青、黄」
と答えてしまった。

思い込んでいた・・・

正解は「赤、緑、青」なんですね。
確かに「RGB」だったな。
光と色の三原色は違うのだ!?

ちなみに正確には、色の三原色も
「赤、青、黄」ではないらしい。
「赤紫、青緑、黄」なのだそう。
マジェンタとレッド、シアンとブルー
は違う色なのだ。

「思い込み」は恥をかくし、
「レッテル」は見誤る。


志村けんが亡くなった。
世代的に、一方ならぬ思いはある。
しかし、立場上あまり感情を
表明しないようにしている。
今は自分の感情はどうでもいいからだ。

SNSを見ていると、驚くほどみな
悲しみや哀しみを表明している。

「他者への共感」は大切な能力だ。
他方「情動伝染」という性質もある。
「憎しみ」や「恨み」のような
強い感情に進展することもある。


志村さん死因はウイルスだけか?

飲酒や独居だったことも関係している。
以前にも風邪をこじらせて肺炎をした
ことがあるそうだ。

もともと肝臓に持病があったそうだ。
個人情報なので不詳だが、医師としては
何となく思うところがある。

直前に胃ポリープを切除している。
術前術後のストレスも大きかっただろう。

何より、芸能界で地位を築いたことで、
もう満足していたのかもしれない。

「死」はそんなに単純にやってこない。

「新型コロナウイルスは恐ろしい」
という思い込みは心身ともに健康に悪い。

色の知識不足は恥を書く程度で済むが、
死に対する盲点は社会悪を産み出す。
自戒をこめて。