おにぎり文化


「たけのこご飯作ったから」
患者さんがよく差入れしてくれる。
妻不在のときは本当に助かった。
塩分を控えめにしている所が可愛い。
主治医にホメられたいのだ。

夫婦で弁当屋を営む中山さん。
前から人気店だが、コロナ下で
一層行列している。


夫婦ともに悲鳴を上げている。
嬉しい悲鳴?
本気でヘトヘトになっている。
もともと欲の薄い地道な弁当屋さん。

「マスクするから暑くて暑くて」
フェイスシールドは無理だった。
一層暑いし、火で変形してしまう。

「前はマスクしてなかったじゃん?
マスク外して調理すれば?」
「そうはいかないよ~」


客の目が気になる。
変な話だ。
コロナに感染している店主から
弁当を買う客はいないだろう。
マスクごときではもう遅いでしょ?

寿司屋にいたっては素手で握る。
握り飯も日本独特の文化だ。
他人の調理したものを食べる。
その信頼感はどこから来るのだろう?

『医療従事者へ感謝の弁当、
医師や看護師53人食中毒』


こんなニュースが目に入った。
不謹慎だが思わず笑ってしまった。

「よかれ」と思ってやってことだろう。
「ありがたい」と食べたのだろう。
梅雨入りも重なり、不運だったか。
大量の弁当を作る経験は
あったのだろうか?

店名まで晒されていた。
気の毒だと思うが、プロだから
仕方がないという意見もある。

裏を返せば
「バイオテロはチョロい」
ということでもある。

他人の作ったものを食べる。
お互いの信頼関係のなせる業だ。

そういえば日本の握り飯は
いかにも気がこもっている。

まあ、これからも差入れを嬉しく
美味しく食べるんだろうなあ。

大盛り無料

宅配弁当の鈴木さん。
当院でも注文している。
安くて美味しいと評判だ。
家族経営をしている。

最近店主が大腸がんで亡くなった。
心配したが残った家族、妻(70)と
息子(42)で経営継続している。

「最近お弁当のご飯多くない?」
「そうよねえ!」
「息子がご飯を盛ってるのかな?」
「若いから自分の分量なのよ!」

スタッフの会話が聴こえてきた。

別室から参入した。
「お母さんとちゃいますか?」
突然参入してきた医者に驚いた。

持論を展開した。

ご飯を盛っているのは母親だ。
以前は弁当作りにノータッチだった。
主人が死んで母も参加した。
大抵男はケチだ。
お母さんの方がご飯を多く盛る。

「そうかもしれない!」
スタッフは納得して笑っていた。

鈴木さんは自分の患者さんだ。
ケロッと乳がんを克服した人だ。
茶道の先生もしている。
ということは「おもてなし」を
熟知している。

気性を知っているからわかる。

がんばれ!