話そう尊厳死

「長生きしたくない」

検診にきた津山さんは84歳。
人間とは矛盾に満ちた存在だ。
「でも明日死んだら困るでしょ?」
意地悪な質問をしてあげる。
津山さんは苦笑いを浮かべる。
「検診受けてるくらいやもんね」
意地悪な主治医は膝をぶたれる。

人の生死は不確定要素だ。
「いつかの死」だけが確定している。
10年先の終着点は遠すぎる。

くっきり見える到着点は怖すぎる。

人生の最終形はこれでいいのか?
後悔ないようジタバタした方がいい。
世の中受け身だとロクでもない。
暗いニュースばかりだ。
まだ見ぬ景色を探しにかかる。

すると思わぬ感動があるかもしれない。

「みなに迷惑をかけたくない」
長生きしたくない根拠の常套句。

津山さんは「お約束」を発した。

日本人は実に「みんな」が好きだ。
「誰に聞いたの?」
「みんなそう言っていた」
「みんな」は日本一有名な存在だ。

欧米では非常に希薄な感情だ。
尊厳死の根拠に「迷惑」がない。
個人主義だからこその尊厳死なのだ。
「みんな」のために死にかねない日本人。
危なっかしい。
尊厳死の議論がなかなか進んでいかない。

やり残したことないようにしましょう。
健康面は医者に任せてOK!
一応納得して津山さんは帰宅した。

正義の暴走

「捏造」「改ざん」
この文字を見ない日がない。

「STAP細胞」以後からではないか?

時代の寵児として注目された著者。
能力と関係のない部分でも話題に
なった(割烹着、ルックス…)。
研究は再現性の疑わしいものだった。

挙句の果ての「はしご」の外し方。
こういう風に人を潰すんや…
自殺者まで出す追い込み方。
社会のヒステリーは今も変わらない。
そう感じるのは自分だけか?

話は少しそれるが、
「死んで詫びろ」「一人で死ね」
どんな理由であれ、自死を容認する社会。
安楽死も尊厳死も議論できない。
詳細は別の機会に譲る。

著者が朗読もしているとのこと。
読むか聴くか?
聴く臨場感も捨てがたい。
次回作は自分も朗読しよう。