魔法の口ぐせ

今年はじめに起こった出来事。
長谷さんは84歳男性。
孫が白血病を発症した。

自分にできることはないか?
治療におカネがかかるらしい。
なけなしの貯金を下ろして
準備しておくことにした。

銀行に行ってとりあえず
「200万円」下ろそうとした。

下ろせない

説明すればするほど下ろせない。
挙げ句の果て警察がやってきた。

「孫の一大事」「200万円」…
完全に「オレオレ詐欺」を疑われた。


必死で説明するも納得しない警察。
長谷さんは興奮状態で来院した。
血圧は200まで跳ね上がっている!

「先生説明したって下さい!」
普段温厚な長谷さんの顔を真っ赤。
悔しさで目に涙が溜まっている。

主治医は警察に言った。
「息子に電話したらええだけやろ?
血圧200やで。この人殺す気か?」


銀行に連絡されれば警察も
動かざるを得ない。
銀行も銀行でトラブルを避けたい。
みなそれぞれ事情はあるだろう。
問題はやり方だ。

警察は謝罪を残して立ち去った。
人相の悪い上司も謝罪に来た。
人を見たら犯人と思え!
そんな感じでジロジロ見られた。
(こっちの見た目が原因か?)

長谷さんの孫の治療は劇的に効いた。
現時点で寛解に至っている。
すると娘の父に膵癌が見つかった。
幸い、”ステージⅠ”だった。
この段階で見つかることは稀だ。

普段受けない検診で見つけた。
娘の助言のお陰だそうだ。
嫌だった海外転勤が流れたそうだ。
海外に行ってしまっていたら
手遅れだった可能性は高い。

「全部ラッキーでしたね!」
「ええ。良い流れです」
「オレオレ詐欺のお陰かもね」

「かえって良かったんでしょうね」
長谷さんは苦笑いしていた。

孫の白血病。息子の膵癌。
自分の貯金200万円が下ろせない。
全部そこそこ「悲劇」だ。

そんなこんなの結果オーライ。
「かえって良かった」
ハッピーエンドを導き出す
魔法の「口ぐせ」だ。

末っ子の一大事

勇田さんは69歳男性。

大腸がんと悪性リンパ腫を克服した。

短期間の間に二つの大病を患った。
非常にレアケースだ。
大腸がんを卒業した途端、リンパ腫発症。
化学療法が著効し、リンパ腫も寛解した。

心折れることなく本当によく頑張った。

「本当に良かったですねえ」
健闘をたたえた。
当院は、風邪や下痢の治療を担当した。
それから「通訳」も若干手伝った。
大病院の医師の説明には通訳が必要だ。
安堵の表情を浮かべる勇田さん。

通訳も心の底から喜んだ。

勇田さんは5人兄弟の末っ子だ。
長男とは7歳しか離れていない。
術中術後兄弟が代わる代わる来てくれた。
末っ子の一大事!
兄ちゃん、姉ちゃんは気が気でなかった。

いくつになっても末っ子は末っ子だ。

兄弟と病室で話す、笑う。
心の底から安らいだそうだ。
まさに「真の癒し」だったことだろう。

昔話に花が咲き、若い頃にトリップする。

愚痴を聴かされることもあった。

兄の愚痴を1時間も聴き続けたそうだ…

すべての会話が治癒の材料になったはずだ。
死ぬほどの大病を2つも経験した。
兄弟全員が「死」を意識しただろう。
病室で兄弟で過ごした時間はさぞかし熱く、
重厚だったにちがいない。
たまに「病」も悪くない。