禁煙?余裕、余裕


20歳男性が禁煙外来を受診した。

今ですか?

世間が新型肺炎恐怖で受診控え
しているこの「今」に禁煙?
しかも二十歳で!
17歳から一日30本吸っているとのこと。

「なんで止めたいの?」
「優先してしまうんです」


食べるとき、その前に一服、とやる。
友人との約束があっても、とりあえず
一服やってしまう・・・

別段止めるほどの動機ではないのでは?
健康のためでも、節約でもない。
あまりにも珍しい、「弱い」動機だ。

「マンホールに2歳の子がはまってても
先に煙草吸う?」
「いえ、吸わずに助けます」
「せやろ?止める必要ないんちゃうの?」
「でも止めるために来たんで・・・」

念の為に訊いたが、やはり合法の
「普通」の煙草のようだ。
とにかく決意は固そうなので、一通り
禁煙のコツと落とし穴を伝授した。

禁煙成功後に「好奇心」を出さないこと。
喫煙者は好奇心旺盛でないはずがない。

ホントに止められてるかどうか
試しに吸う

これをやってしまう。
これをすると皆同じセリフを吐く。
「おお、全然止められてる!」
しかし、このときステージが変わる。

「禁煙している人」から
「いつでも禁煙できる人」に・・・


いつでも禁煙できるから、また吸い始める。
こうして再び「喫煙者」になる。

非常に納得したように聞き入っていた。
当院の禁煙成功率は90%を超える。
だから彼も成功するだろう。

しかし、まだわからない。
なぜ「今」「この診療所」に?

やはり喫煙者は好奇心旺盛なのだろう。

受験必勝法

勢いで約束した禁酒が継続している。
(文末のブログご参照下さい)
潜在的に止めたかったのだろう。

思い起こせばしっかり飲んできた。
中学生の頃好奇心で隠れて飲んだ。
自分の脳と宇宙の秩序がつながった
ような高揚感があった。


高校時代は寛容な(?)親のお陰で
仲間と飲むようになった。
当時は学生服で入れる居酒屋もあった。

受験生時代も毎日飲んでいた。
当然浪人することになる。

2浪の春。
2大学の合格が決まり、呆けていた。
最後の受験校は三重大学医学部。
受験を止めようかと思っていた。

「有終の美を飾れ!」
といつもの親父らしくない助言に従い、
前日受験を決心。
ホテルを予約していないので、
同級生の福原君に連絡した。
福原君も受ける予定だった。

「一緒に泊めてくれへん?」
人の良い福原くんは承諾。
試験前夜、飲んで騒いだ…

プレッシャーのない自分は
完全にリラックス状態。
一教科目の数学は自己採点で
満点だった。
その後もノリノリ絶好調。
結果合格し、有終の美となった。

対して、試験当日福原君は真っ青。
完全に二日酔いだった。
彼はチカラを出せず不合格。

三重大に行かなかった自分は
申し訳なさで一杯だった。
翌年、福原君は後輩として、
母校に入学してきた。

福原君は現在、整形外科医院を開業し、
大成功している。
それだけが救いだ…

とにかく、酒で多くの失敗をし、
迷惑もかけてきた。
宇宙の秩序とつながった感覚。
その多幸感が自分には強すぎた。
「スピリッツ(霊)」とは
よく言い現していると思う。


酒は一体感を生む効果がある。
「百薬の長」でもあると思う。
しかし、ほどほどで止められない人は
気をつけた方がいい。

そうとしか言えない。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/がん%ef%bc%81%ef%bc%9fガーン%ef%bc%81?fbclid=IwAR1SulqBG8sDpyA4ozGNzFveYTmw4efFwf2pdfGY77zIRXcYnKhgprT-aDE