早死のススメ

増岡さんは86歳男性。
以前もブログに登場している。
https://imcjapan.org/medicalcoaching/chat2?fbclid=IwAR29eE9SSjpLIbHL72Exz1rAQnbATbya1EDPepNt_AL_oncvfMg49DM-Vdc

昼前、往診時に起き出す。
起きてリビングに座るや否や、
ビールを冷蔵庫から取り出す。
主治医がグラスにビールを注ぐ。

なんて幸せな患者さんだ

たちまち上機嫌になる。
妻の機嫌もよくなる。
少量のアルコールはドーパミンが出る。
ドーパミンは言わば「覚醒剤」だ。

歳を取ると、ドーパミンが少なくなる。
アルコールを利用すればいい。
酒は使い方次第だ。

逆に、若くして不健康な人には
断固として禁酒させる。
労働しなければならないからだ。
若い人の飲酒はおカネも時間も
もったいない。

飲酒年齢を20歳から、75歳に
引き上げるべきだ!

若者はナチュラルハイを目指せ!
酒造メーカーと酒税をあてに
している政府から殺されるかな…

高齢未亡人にも酒を勧めることがある。
夫の前では飲んでいなかった
という女性は少なくない。

酒を始めたお陰で安定剤や眠剤を
止められたケースも多い。

どうせほどほどにしか飲まない。

「酒でも飲めば?」
と提案すると
「その手があったか!」
という顔をされることも多い。

寿命が縮むしかも知れない?

ちょうど良いではないか!
(またお叱りを受けるだろう…)
寿命は誰にもわからない。
逆に延びるかもしれない。
なんせ「百薬の長」だしね。

雨を見たかい

大雨の中の往診だった。
久々の「どしゃぶり」だった。

こんな日に限って

「エレベータ点検中」の張り紙…

今日せんでもええやん!

電気系統危ないでしょ!

お陰で記憶に残る往診になった。

日本人は律儀だと思う。

震災当日も出勤した人がいた。

アメリカ人は傘を差さない。
こんな日どうするのかな?
多分彼らは外に出ないだろう。

仕事を休むのでは?

そうか!

勤勉を遂行するのに傘は必要なのだ!
傘を作るという仕事の価値が上がる。
傘職人を食わせてきた日本人。

偉い!

ちょっと良い傘を買うことにする。

https://www.youtube.com/watch?v=XBPDXG5O-jc

ワイルドで行こう、はしんどい

浦田さんは97歳女性。
ほぼ寝たきりで10年経過している。
人生通してほぼ薬を飲んでいない。
現在もたまに浣腸する程度。

頭脳は、とてもしっかりしている。
そっくりな娘さんの献身的な介護と
執着しない性格が良い。

定期往診で訪問した。
「ご機嫌いかがですか?」
「衰えました」
「衰えではなく、進化かもよ」
「進化ですか?」
「大昔なら、真っ先に猛獣に
食われたでしょ。
世の中が進化したから
寝たきりでも生きられる」
「先生、ものは考えようねえ」

似たもの母娘に感心されてしまった。
ほんのジョークのつもりなのに…

言葉を発してから考えてみた。
保護する対象が増えるということは
たしかに「文明の進化」だ。
他者を守れる余裕があるのだから。

自分が生き延びることだけに
必死にならなくていい。
それは絶対に幸せなことなのだ。

社会保障費を削減せよ!
それが当然とされる空気がある。

思考停止になっていないか?

何でも自己責任、自己負担という
野生時代の到来。
現代の野生は「食われておしまい」
ではないからややこしいんだけど。