コロナのたらい回し


朝一番、珈琲豆の香りを味わう。
(香りを味わえる日本語は素晴らしい。
ちなみにコーヒーより珈琲が好きだ)
新コロ騒ぎのお陰で幸せ度が上がった!

味覚も嗅覚もなくなっている
友人女性から相談を受けた。

実は1週間前からだるさと頭痛、
軽度の咳で相談されていた。

臨床症状から強く疑われる。
地元の町医者にも断れたそうだ。
PCR検査で診断するしかない。
本人に話を聴いても、らちがあかない
ので、彼女の区の保健所に電話した。

つながらない電話に何度もかけ、
ようやくつながるもたらい回し。
その度に自己紹介から始める。
区の中核病院「コロナ外来」を
紹介された。

「医師から直接検査依頼して下さい」
と。

直接病院にかけ、これまでの経過を話す。
もちろん紹介状は完成させている。
先方での話し合いの結果
「保健所から依頼してもらわないと
検査できません」


なんだったんだ、この時間は!
そして、なんのラリーだ!?

再度保健所に問いただすと
「自分らもよくわからない。
こんな相談ばかりなんです」

優先順位があり、濃厚接触があきらか
ではない彼女は後回しになる、らしい。

「患者さん死んだらどうすんの?」
「でも皆さん待ってるんで・・・」

逆ギレならぬ居直りだ。

逆に言うと、こんな杜撰なシステムで
これだけの死者しか出ていない

と言えなくもないが・・・
PCR検査数が増えないわけだ。

最初に検査を増やさない方針で
進んだら、そのままの硬直システムだ。

台東区は動いた。
検査が柔軟になった。
区議に働きかけたのも少しは効いたか?

少し遠いが、友人を当院に来させ、
レントゲンを撮り、検査に回す流れに
誘導した。

友人のような患者は自宅待機で
どんどん悪くなるかもしれない。
こんな悲惨な現状が新コロ医療を
疲弊させているのだ、と構造が見えた。

町の先生方!頑張りましょう!
なんとか断らないシステムを作って
患者さんを救いましょう!


感染制御の信頼を作り、患者さんの
不安解消に努める必要がある。
その努力は必ず将来の信用につながる。

地域の理解も必要だ。
「明日は我が身」
診てくれるところがないのは悲惨だ。

https://mainichi.jp/articles/20200408/k00/00m/040/334000c?fbclid=IwAR1tZSKJ4ZsomhmRSLZ9jTrsZEtuVpCJOKklGFIQQ2odkrmoyi-cOhtS21s

マンガってスゴイ!(その1)

早い話が
漫画はあなどれない
ということだ。

自転車で墨田川沿いを走っていた。
谷口君の練習してところだ…
漫画『キャプテン』の主人公だ。
思春期、キャプテンに大いに影響された。

結局、10年以上野球に打ち込んだ。

もうしばらく走っていると泪橋。
矢吹丈はここでロードワークしてたんだ…
言わずと知れた『あしたのジョー』。

すぐにボクシングジムに入門する単純さ…

自分の人生に大きな影響を与えた2作品。
えっ、そんなとこで働いているのか!?
衝撃だった。
偶然にしてもすごい。近すぎる…
しばらくして、気づいた。
作者の「ちばてつや」と「ちばあきお」。

二人は実の兄弟だった…

彼らは幼少期をこの辺りで過ごした。

だから風景のリアリティがすごい。

この地に居心地の良さを感じた。
根を張り、仕事をしているこの地。
自分をこの地に導いた無意識の力。
漫画が作った原風景。
リアリティを感じさせれば現実なのだ。
漫画でも映画でも落語でも…

後返還

蔵前町立診療所
原田拓二先生 御侍史
(入力された字で)

患者さんの診療情報提供書がきた。

自分宛であることは間違いない。

「協立」→「町立」
おそらく患者さんの滑舌のせいだと思う。
荒川さん(75歳)は「き」が苦手だ。
どうしても「ち」になってしまう。
「記憶違い」が「ちおくちがい」になる。
それにしても、同じ台東区からの手紙。
「蔵前町」なんて存在しない。
それに「町立診療所」なんてあるのか?
と思い、ネットで調べた。
結構あった!
と同じようになぜこの担当医はネットで

確認しなかったのだろう?

そして「原田拓二」って…
誰やねん!
「文植」→「拓二」はカスリもしない。

長男だし…

敬意を表す「御侍史」が逆に切ない…

と考えいてるうちに
自分も無礼をはたらいているのでは?
と思った。
しらずしらずのうちに…
おそらく手書きだと間違わない。
入力変換だから間違うのだ!
読み返して驚く誤変換がある。
日本語には同音異義語が多い。
そして、予測変換機能の功罪だ。

よく使う変換には注意が必要だ。

これからは「口ぐせ」だけでなく
「字グセ」にも注意が必要ということだ。