都内感染近況報告


「暇だし、やることないわよ」
水野さん74歳の女性。
クリーニング屋を手伝っている。

テレワーク、外出自粛、集会中止・・・
一張羅を着ていく機会がなくなれば、
クリーニング屋は暇になる。

もっぱら、たまの来客を捕まえては
雑談の相手をさせているそうだ。

全国的に感染者が増えている。
感染者と言っても実態がよくわからない。
良い話と悪い話を医療現場から
お伝えしよう。

まずは良い話。

連日東京で200人以上の新規感染者。
けれど、東京都のコロナ感染者で
重傷者はたったの5人だ。

1200万人の東京で重症5人は
奇跡のような数字だ。

夏風邪でもこじらせて
肺炎になる人はいる。
そのレベルだ。

次に悪い話。

PCR検査が滞り始めた。
断られるケースが出てきた。
会食した人が3人発症したケースなのに
濃厚接触と認定されず拒まれた。

1週間待ちのケースもあるそうだ。

この流れには一抹の不安を感じる。
院内感染や施設内感染も各地で
勃発している。

発生源が職員であるケースも多い。

とにかく夏風邪は若者は死なない。

自然死に近い死であっても院内感染は
イメージが悪い。
院内感染対策で病院が消耗すると
通常の医療も逼迫する。

また医療崩壊だ、と騒ぎ出す。

もしPCR資源に限界があるのなら
高齢者相手の職員を優先的に検査する
などの工夫が必要だ。

真面目なブログだった・・・

気合がスゴイね


「要は気合」
友人で元世界チャンピオンだった
徳山昌守君が現役時代よく言っていた。

「先生は気合がスゴイですね」
患者さんからたまに言われる。
ホメ言葉なのだろうけど、
なんとなくしっくりこない。
「力み」を指摘されているような・・・

数字を駆使し、学術的根拠のある
話を散々しているにも関わらず。

関西弁のせいかな?

「気合」という言葉の意味にも、
階層性がある。
「病は気から」も同じ。
軽々しく使ってほしくない。

「気合」は絶対に大切だ。
というか気合が入らないと何もできない。

気合がない状態はビビっている状態だ。
ビビっているということは、脳内が
恐怖に占拠されている状態だ。
この状態ではミスをする。
注意散漫で医療現場に立ってどうする!
(また誤解される気合の発散か・・・)

正しく情報収集するためには気合が必要。
能力を発揮するためには気合が必要。
世界戦のリングで冷静に戦況を
支配する友人の勇姿に感動した。

気合の使い方は奥が深い。
それぞれのリングで気合を発揮すべきだ。

と書きながら文章の「力み」が悔しい。