真の傾聴

常に何かを心配している長野さんは
84歳の女性。

「好きなんでしょ?心配が」
訊いてみた。

「そうかもしれません」

心配しているぐらいが快適なのだ。
辛さや、しんどさ、忙しさが

快適領域である人は少なくない。

浮気がバレても繰り返すオッサン。
浮気が快適領域なだけではなく、

バレて修羅場も快適領域なのだ。

こういう人に助言は不要。
徒労でしかない。
本人は気づいているのだ。

周囲は振り回されないこと。

病も快適領域である場合がある。
そういう人の話は真剣に聴かない。
本来、治す必要もない。

だって本当は治りたくないのだから。

こっちが消耗する。

寿命が縮まってしまう。

どれほど真剣に聴いているふりを
するか?

それが「真の傾聴」だ。

叱られるな…
絶対に…

言葉にできない

栗山さんの妻は失語症が強い。
10年前の脳卒中の後遺症だ。
リハビリもあまり進まなかったらしい。

「周りが大変ですよ」
と嘆く栗山さん(78歳)。
栗山さんご本人も大病をしている。
15年前に心筋梗塞をやった。
心臓の血管に金属が入っている。
肺がんを切って13年経った。

「生き延びてますねえ」
「ええ、どうにかこうにかね」

いや、むしろ若返っている。
ふと思った。
(妻のおかげかも?)

妻は認知症ではない。
だから妻の脳内にイメージはある。
しかし、言葉にならない。
本人はもどかしくてイライラする。
夫は妻を慮(おもんぱか)る。
必死で読み取ろうとする。
さながらテレパシーの世界だ。
新たな能力が開発されたのでは?

オカルトになる前に止めておく。

身内が病を発症する。
日常の景色が一変する
変化した現状を受け入れるのは困難だ。
絶対に悪いことばかりではない。
使っていない脳がフル稼働する。
人生時間の厚みが増すかもしれない。
メリットも必ず存在する。
先に大病を患った夫。
妻の衝撃も相当なものだったはずだ。

妻が失語症。
夫は本気の「傾聴」をするしかない。
妻も思っているかもしれない。
失語症でよかった。
いらんこと吐かないですむ…