禁煙?余裕、余裕


20歳男性が禁煙外来を受診した。

今ですか?

世間が新型肺炎恐怖で受診控え
しているこの「今」に禁煙?
しかも二十歳で!
17歳から一日30本吸っているとのこと。

「なんで止めたいの?」
「優先してしまうんです」


食べるとき、その前に一服、とやる。
友人との約束があっても、とりあえず
一服やってしまう・・・

別段止めるほどの動機ではないのでは?
健康のためでも、節約でもない。
あまりにも珍しい、「弱い」動機だ。

「マンホールに2歳の子がはまってても
先に煙草吸う?」
「いえ、吸わずに助けます」
「せやろ?止める必要ないんちゃうの?」
「でも止めるために来たんで・・・」

念の為に訊いたが、やはり合法の
「普通」の煙草のようだ。
とにかく決意は固そうなので、一通り
禁煙のコツと落とし穴を伝授した。

禁煙成功後に「好奇心」を出さないこと。
喫煙者は好奇心旺盛でないはずがない。

ホントに止められてるかどうか
試しに吸う

これをやってしまう。
これをすると皆同じセリフを吐く。
「おお、全然止められてる!」
しかし、このときステージが変わる。

「禁煙している人」から
「いつでも禁煙できる人」に・・・


いつでも禁煙できるから、また吸い始める。
こうして再び「喫煙者」になる。

非常に納得したように聞き入っていた。
当院の禁煙成功率は90%を超える。
だから彼も成功するだろう。

しかし、まだわからない。
なぜ「今」「この診療所」に?

やはり喫煙者は好奇心旺盛なのだろう。

ONE FOR ALL ALL FOR ONE

早い話が
家族の健康は総合点が一定しているのでは
ということだ。

家族が重い病を患う。
家族間での関係性に変化が起こる。
ドミノ倒し的にメンバーが病気になる
ということは滅多にない。

一緒に学ぶことで養生するようになる。
「自分が倒れてはいけない」
気持ちが免疫力を高めているのか?
実際、目の色が変わる家族は多い。
そして、以前より明らかに元気になる。

そういうケースは多い。

子どもが先に逝ってしまう。
その悲しみは言葉にできない。
しかし、数年後不思議なほど元気になる。
子どもの分まで生きてやろう!

人生を大切に生きている人は少なくない。

家族の健康は総合点が一定する。
勝手にそんな気がしている。

勿論当てはまらないケースもあるだろう。

人間は「関係」の中で生きている。
相手の状態に応じて自然と立ち回る。

親密な家族ほどバランスしている。

荒尾さん(78歳女性)は肥満している。
現在体重が78kgだ。
結婚当初、体重は45kgだったそうだ。
「詐欺ですね」
主治医は本音をつい吐いてしまう。
結婚当初、夫の体重が78kgだった。
夫はここ数年患っている。
現在体重は45kgしかないそうだ。
夫婦の体重が入れ替わったのだ!
総合点一定してるやんか…