相性抜群

鈴木さんは92歳女性。
鈴木さんの長女が外来受診した。

以前、鈴木さんの在宅診療をしていた。
転倒、入院をきっかけに在宅介護が
困難になり、特養に入所している。
入所後、すこぶる快調らしい。
認知症もむしろ改善している。

「こんなによくしてくれるけど、
ここおカネ大丈夫なの?」
「大丈夫よ。お母さんの貯金で
十分やれてるから」

と答える娘に母は上機嫌だ。

安心した主治医は
「どこ入ったんだっけ?」
と長女に訊いた。

「〇〇園です」
「…」

一瞬無言になってしまうところが
まだまだ修行が足りていない。

3姉妹の長女で機転が効く。
一瞬の間を見逃さない。
「入る前にケアマネにも言われました。
評判良くないって」


問題が多い特養だった。
入所者の介護が杜撰すぎた。
直接、苦情を伝えたこともあった。
行政から指導が入ったこともあった。

介護施設はどこも同じく人手不足だ。
介護理念だけではどうしようもない
部分もある。

こちらとしても「イジメ」がしたいわけ
ではない。

しかし、今回先入観はくつがえった。

在宅の頃、ご本人から聴いた話だ。

戦後、満州から命からがら引き揚げた。
船の上で死んだ子供も何人もいた。
亡夫が俳優並のハンサムだった。


そんな話をスタッフにもしている
のかもしれない。
鈴木さんは明るく、愛される性格だ。

そして何より3姉妹だ。
さすがにこのお母さんの娘。
みな処世に長けている。

3姉妹のチームワークがスタッフに
いい意味でプレッシャーを
与えているのは想像に容易だ。


断言する。

最初からプロはいない。
教育してあげればうまくなる。
当たり前だが関係性は受け身ではない。
「相性」も育てられるものなのだ。


自らの先入観に自戒を込めて…

雑談力の作り方

早い話が
もはや言葉がいらない二人でも
会話はあった方がいい
ということだ。

「最近鼻水が止まったんです」
佐藤さんは76歳の女性。

夫の認知症が進み、施設に入った。
いつも床で寝ていた佐藤さんは、
夫のベッドで寝るようになった。
途端に鼻水が止まった。

佐藤さんの家は古い家屋だ。
低い所にアレルギーの原因物質が
うようよしているのかもしれない。

「旦那に対するアレルギーでは?」
意地悪に訊いてみると、
「そうかもしれないですね」
と佐藤さんは笑いながら答えた。

施設では話し相手が少ない。
夫の認知症はどんどん進んでいる。
最近、自分の名前もあやしいらしい。

「話のネタがなくて困るんです」

以前、写真を持っていくよう助言した。
佐藤さんは忠実に守っている。
二人で旅行した写真を見ながら、
当時を思い出して会話するそうだ。

でも、すぐに話しが尽きてしまう。

「僕のこと憶えてくれてるかな?
会いたいって言っておいて下さい」
「今日は先生のとこに行く
って主人にも言ってあります」
とのこと。

診療のあと夫の所へ行く佐藤さん。
会話のネタを仕込んでおいた。
鼻水が止まったことを報告するよう
助言した。

「あなたがいなくなったお陰よ。
ありがとう」

って感謝を伝えるように、と。

少々ブラックかな…
感謝だからよし、としておこう。