通勤ダイエット

早い話が
通勤というルーチンを利用しろ

ということだ。

鳥山さんは72歳の男性。

高血圧があり、少し腎臓が悪い。

通院10年だが、すこぶる良好だ。

鳥山さんは通勤を”ジム化”している。
往復1時間の車内は立っている。
乗り換えをせず、30分歩いて出勤。
出社するや否や腕立て伏せ100回。

それを40年間続けている。

晩酌の量もきっちり決まっている。

「塩分を少し減らしましょう」
助言すると、昼の弁当のおかずを

3分の1残すようになった。

とにかくすぐに行動してくれる。

お手本のような患者さんだ。

指示にしっかり従ってくれるから

絶対に助けなければならない!

体育系はもう十分だ。

文化系の課題を出すことにした。

読書嫌いの鳥山さんの通勤…

そうだ!音声を利用しよう!
通勤中にイヤホンを使って英語を

勉強するよう課題を出した。

厳しい主治医だと思う。

72歳でまだ通勤しているのだ。
十分に偉い。
人生時間をとことん有効利用する。
スマホで遊んでる場合じゃないよ!

大人の階段のぼれてる?

大人になりたかった。
子どもの頃、大人が羨ましかった。
子どもの「縛り」が鬱陶しかった。
親の言うことに従わないといけない。
先生の言うことに従わないといけない。

「子どもは自由でいいよね」
そんなことを言う人がいる。
絶対にウソだ!
子どもは不自由に決まってる。

だからよく泣くのだ!

大人になったつもりだった。
でも不自由だった。
こんなにしがらみが一杯あるのか!
組織に属するとはそういうことだ。
安全は担保されるかもしれない。
その分、自由度が減る。
自分を縛る組織からできるだけ離脱した。
自由度はどんどん増している。
ようやく大人の階段を登り始めた!?

そんな気がしている。

選挙に行こう。
どうせ宇宙法則の縛りからは離脱できない。
人生時間はあっという間。
せっかく与えられた権利だ。
自由を獲得するために。
子どもを羨ましがらせるために。
子どもに自殺させないために。

言葉にできない

栗山さんの妻は失語症が強い。
10年前の脳卒中の後遺症だ。
リハビリもあまり進まなかったらしい。

「周りが大変ですよ」
と嘆く栗山さん(78歳)。
栗山さんご本人も大病をしている。
15年前に心筋梗塞をやった。
心臓の血管に金属が入っている。
肺がんを切って13年経った。

「生き延びてますねえ」
「ええ、どうにかこうにかね」

いや、むしろ若返っている。
ふと思った。
(妻のおかげかも?)

妻は認知症ではない。
だから妻の脳内にイメージはある。
しかし、言葉にならない。
本人はもどかしくてイライラする。
夫は妻を慮(おもんぱか)る。
必死で読み取ろうとする。
さながらテレパシーの世界だ。
新たな能力が開発されたのでは?

オカルトになる前に止めておく。

身内が病を発症する。
日常の景色が一変する
変化した現状を受け入れるのは困難だ。
絶対に悪いことばかりではない。
使っていない脳がフル稼働する。
人生時間の厚みが増すかもしれない。
メリットも必ず存在する。
先に大病を患った夫。
妻の衝撃も相当なものだったはずだ。

妻が失語症。
夫は本気の「傾聴」をするしかない。
妻も思っているかもしれない。
失語症でよかった。
いらんこと吐かないですむ…