痛みはただの錯覚?


弟は仏教系の高校に通っていた。
校則違反をすると罰として写経。
色即是空、空即是色・・・
何十枚と手伝った。
おかげで『般若心経』は暗唱できる。

ある雑談で「走馬灯」の話になった。
経験者が語るとき、そろってみな
「時間がゆっくり流れた」
という。

スカイダイビングで自由落下中の
10秒間をはっきり「観」た。
ある人は交通事故の体験を
くっきりはっきり「観」た。
「ボールが止まって見える」現象も
その類ではないだろうか。

それはいわゆる「火事場のクソ力」
のような集中力の賜物なのか?
逆行性の記憶なのではないか?
つまり「追認」なのではないか?

話は尽きることなく盛り上がった。

『錯覚する脳』の著者は
「心はイリュージョンである」
と主張する。
そして「意識の機能は受動的である」
とする仮説を立てている。


たとえば、「よーいドン」と聞いて
「走り出す」という現象を考える。

音を聞いた意識が「走り出そう」と
決めたのではない。

無意識下の小びとたちの情報処理の結果、
「走り出そう」ということが決定され、
意識は、その結果をクオリアとして体験し、
あたかも自分が行ったかのように勘違いする
システムに過ぎないと考える。

実際、意識は「捏造」を繰り返す。

たとえば、熱いものを触れて
手を引っ込める行為を考える。
それは脊髄反射だ。
引っ込めた時点で脳の感覚野に
信号は届いていない。


脳は、これを
「熱いという知覚があったから
手を引っ込めた」

というストーリーで記憶する。

これは物理学的、解剖学的な事実
であり、著者の主張を支持する。

「心はイリュージョンである」
真新しい視点というわけではない。
それどころか2500年前からの考えだ。
釈迦の「色即是空」がまさにそれだ。

とすれば、悩みもすべてイリュージョン。
娯楽として楽しむのみ!

情報感染症


授業をサボってばかりいた高校時代。
お陰で授業の印象が強い。
記憶の希少価値が高まっている。
教師の「雑談」の記憶だけだが・・・

政経の授業中「統計」に関する雑談だ。
今では信じられないが、80年代後半、
交通事故で毎年1万人が亡くなった。

教師が言った。
「だから今年も確実に9千人亡くなる。
今年7千人ということはないのだ。
しかもランダムに選ばれる。これが
統計の恐ろしいところだ」


現在、死者数3~4千人にまで減少した。
だけど、今年も少なく見積もっても
2千人は亡くなるのだ。
毎日10人近く亡くなるのだ。
それなら、今日から外出を止めよう!
とはならない。

真横を通り過ぎる車を見ながら、
当たり前の光景として過ごす。
車が猪なら卒倒しているだろう。
猪より危険な鉄の塊なのに平気だ。

新型肺炎での死亡者数はこのまま
何人まで増え続けるだろうか?
この2ヶ月間で10人未満だ。
年間1万人はおろか千人にも
大きく及ばないだろう。

感染者は治癒し、抗体ができれば、
再感染しないなら媒介者は減るはず。
最終的に100人亡くなるだろうか?

1万人交通事故で死んでいた時代でも
「車を廃止しろ!」「外出するな!」
という運動が起こった記憶はない。

マスクで重装備し、スマホで情報収集する
姿を見る度に
(次はネットやな)
と思う。
ウイルスでネットが遮断されたら、
この国は壊滅だ。

こんな弱い基盤の上で生活していたのか?

医師であり、科学者としての自分は
決して新型ウイルスを楽観視していない。
しかし、大阪のライブハウス参加者を
追いかけまして検査することの意味。
そしてことごとく陽性であった事実。
もう一回考えてほしい。

どれほど弱毒ウイルスかの証拠では?

確かに感染しやすいのだろう。
しかし大阪までライブを観に行く人間が
高齢者たちと閉鎖空間で過ごすか?
(おったのならゴメンナサイ)
元気な彼らを行動自粛・隔離する意味は?

叱られることを覚悟しての提言。

軽症で済む若者はさっさとかかれ!
そして速やかに治し、抗体を作る。
普段から外出できる元気な高齢者は
いつもどおりに生活する。
元気な高齢者なら治って抗体ができる。
自信がなければ集会に参加しない。
医療機関も新型ウイルスだけを
「贔屓(ひいき)」しない。


これで万事解決だ。

今回の騒動のメリットは?
人生のバランスを考える良い機会だ。
人間関係、職業、趣味、社会奉仕、
おカネ、勉強、宗教、大義、健康・・・
すべてがバランスして初めて人生だ。
新型ウイルスは健康関連の
ごく一部にすぎない。

バランス崩壊は「共倒れ」につながる。

今日交通事故で死ななくて
本当にラッキーだった。
今日という一日の希少性を高めて、
情報感染症から一刻も早い回復を!


間もなくワクチンや治療薬ができ、
だれも怖がらなくなるだろう・・・

交通事故は年々減っている


運転免許を取得した当日、事故した。
友人の車を運転して左側を擦った。
車両保険に入っていなかったので、
安くなかった。
車屋だった先輩の計らいで月々1万円の
30回払いにしてもらった・・・

30年ほど前のホロ苦い思い出だ。

路上のカフェテラスで妻と話していた。
妻はトークに熱が帯びてくると
右腕の動きの激しさが増す。

千手観音のように・・・

背の高い妻(173cm)は腕も長い。
我々のテーブルの横を通りがかる
歩行者はふいに飛び出す妻の腕に
対し、身をよじらせて器用に避ける。
妻は自分の「車幅」に気づかず、
熱弁をふるっている。


その光景を視界に入れながら、
聴き逃がすまい!
という雰囲気を醸し出す。
話の腰を折らないように・・・

診療技術は夫婦円満にも活きる。