新コロリンピック


新庄さんの娘はバリ島で
カラオケバーを経営している。

新庄さん夫婦は手伝いをしに、
足繁くバリ島に通っていた。

コロナ問題が発生し、2月帰国を
最後に娘の元に行けなくなった。

バリ島では今回のウイルスは日本人が
持ち込んだと疑われているらしい。

PCRはもちろん、隔離2週間後
血液検査まで行われる。
一体何を調べているのか?
抗体価を調べているのか?
そんなことがバリ島で可能なのか?


ケニアからの帰国者の話だ。
ケニアでは、ナースでさえ、正しい
マスクの着け方を教育されていない
とのことだ。

恐怖を感じて命からがら帰国した。

今回のコロナ禍、各国の対応は
バラエティ豊かだ。
文化、経済状況、ポリシー、教育レベル、
国によって特色は違う。

だからやむを得ないのかもしれない。

科学も本当の「正解」が出せていない。
正解に近い科学があったとしても、
導入できるかどうかは別問題だ。
導入できるのなら、飢餓問題はとっくに
科学的に解決しているはずだ!


ただし、死への恐怖は各国共通だ。
だから、どの国も持ってるスペックで
全力を尽くしている状態だ。

話は替わる。

平和の祭典が中止(延期?)になった。
世界のアスリートたちが自分の技術を
競い合う機会を失った。
世界が感動する機会を失った。

コロナへの対策を競い合ってはどうか?

五輪のメイン種目は25競技らしい。
感染制御方法、ワクチン、特効薬開発、
精度の高い検査法・・・
25分野くらいすぐに作れる。


五輪のロゴは五大陸を表している。
ウイルスも五大陸に広がった。

アスリートたちは、経済格差や気候条件、
体格や体質の差などの不平等を乗り越え、
高い技術を表現する。
そこに感動が生まれる。

感染症対策も国間でスペックが違う。
その中で、各自工夫している。
日本でも、百均やポリ袋が大活躍している。
その現状に文句を言うのではなく、
みな必死で工夫している。

感染症への恐怖は世界共通だ。
アスリートの高度な技術への感動も
世界共通だ。
躰を使って、限界に挑戦するのも
ある意味共通だ。


世界が競い合って危機を乗り越えれば、
世界中で感動できる。
何より、「治り甲斐」「治し甲斐」が
一層増すのではないか。


オリンピックの理念である
「平和でよりよい世界の実現」
に近づく行為だと思うのだが。

情報感染症


授業をサボってばかりいた高校時代。
お陰で授業の印象が強い。
記憶の希少価値が高まっている。
教師の「雑談」の記憶だけだが・・・

政経の授業中「統計」に関する雑談だ。
今では信じられないが、80年代後半、
交通事故で毎年1万人が亡くなった。

教師が言った。
「だから今年も確実に9千人亡くなる。
今年7千人ということはないのだ。
しかもランダムに選ばれる。これが
統計の恐ろしいところだ」


現在、死者数3~4千人にまで減少した。
だけど、今年も少なく見積もっても
2千人は亡くなるのだ。
毎日10人近く亡くなるのだ。
それなら、今日から外出を止めよう!
とはならない。

真横を通り過ぎる車を見ながら、
当たり前の光景として過ごす。
車が猪なら卒倒しているだろう。
猪より危険な鉄の塊なのに平気だ。

新型肺炎での死亡者数はこのまま
何人まで増え続けるだろうか?
この2ヶ月間で10人未満だ。
年間1万人はおろか千人にも
大きく及ばないだろう。

感染者は治癒し、抗体ができれば、
再感染しないなら媒介者は減るはず。
最終的に100人亡くなるだろうか?

1万人交通事故で死んでいた時代でも
「車を廃止しろ!」「外出するな!」
という運動が起こった記憶はない。

マスクで重装備し、スマホで情報収集する
姿を見る度に
(次はネットやな)
と思う。
ウイルスでネットが遮断されたら、
この国は壊滅だ。

こんな弱い基盤の上で生活していたのか?

医師であり、科学者としての自分は
決して新型ウイルスを楽観視していない。
しかし、大阪のライブハウス参加者を
追いかけまして検査することの意味。
そしてことごとく陽性であった事実。
もう一回考えてほしい。

どれほど弱毒ウイルスかの証拠では?

確かに感染しやすいのだろう。
しかし大阪までライブを観に行く人間が
高齢者たちと閉鎖空間で過ごすか?
(おったのならゴメンナサイ)
元気な彼らを行動自粛・隔離する意味は?

叱られることを覚悟しての提言。

軽症で済む若者はさっさとかかれ!
そして速やかに治し、抗体を作る。
普段から外出できる元気な高齢者は
いつもどおりに生活する。
元気な高齢者なら治って抗体ができる。
自信がなければ集会に参加しない。
医療機関も新型ウイルスだけを
「贔屓(ひいき)」しない。


これで万事解決だ。

今回の騒動のメリットは?
人生のバランスを考える良い機会だ。
人間関係、職業、趣味、社会奉仕、
おカネ、勉強、宗教、大義、健康・・・
すべてがバランスして初めて人生だ。
新型ウイルスは健康関連の
ごく一部にすぎない。

バランス崩壊は「共倒れ」につながる。

今日交通事故で死ななくて
本当にラッキーだった。
今日という一日の希少性を高めて、
情報感染症から一刻も早い回復を!


間もなくワクチンや治療薬ができ、
だれも怖がらなくなるだろう・・・

新型コロナウイルス対策その2

夫が中国で医師をしている。
息子が中国で医師をしている。

そういう患者さんが数人いる。
ご本人は日本で暮らしている。

中国では医師の地位が下がってると
以前から聞いていた。

文化大革命以後、中国で宗教心が薄れ、
科学至上主義になった。
治らない現実を受け入れない患者が多くなり、
医師が殺される事件も多発しているそうだ。
割に合わないので、優秀な人材が
医師にならないそうだ。


みな揃って「質が低下している」
と語っている。
「医療ツーリズム」の現状を見ても
さもありなん、だ。

そして驚いたことに、中国の医師は
漢方薬(生薬)を使わないそうだ。

西洋薬オンリーなのだ。
風邪でも何でも…
生薬は漢方医の仕事らしい。

ご存知の方も多いと思うが、
風邪に特効薬は存在しない。

当院では主に漢方薬を出している。
中国の人も喜んで内服している。
むしろリクエストされることも…

日本で「温故知新」を実感する。
「温故知新」も中国由来の言葉だが…

新型コロナウイルスの毒性は
それほど強くなさそうだ。

無症状の感染者が大勢いることが
一つの証拠だ。

中国人は風邪の治し方が下手に
なっているのではないか?

風邪ですむケースを、こじらせて
肺炎になる人が増えたのでは?


風邪は民間医療でどうにかなる。
古き良き民間医療が失われている
可能性は否めないのではないか?

感染研がウイルスの分離に成功した。
遺伝子配列も中国発表と99.9%一致。
変異も認めていないとのことだ。
ワクチン開発も時間の問題だろう。

日本では感染拡大を制御できそうなので、
人権意識だけは忘れないよう行動したい。


もちろん高齢者や免疫の弱い人は注意が
必要なことは言うまでもない。
インフルエンザにならない予防を
しっかりすることで十分だ。